エクスペディア 「ワーケーション」に関する調査結果を発表 20代と30代の約50%が関心あると回答!

「ワーケーション」なら混雑の少ない平日の旅行もより気軽に

 世界大手総合旅行ブランドの一つであるエクスペディア(https://www.expedia.co.jp)は、2020年8月に全国の男女400人を対象に、コロナ時代に広がり始めている日本人の新しい旅行スタイルの1つである「ワーケーション」に関する意識調査を実施しました。
半数以上が「ワーケーション」を「知っている」と回答

 「ワーケーション」 とは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、休暇先で仕事をすることで効率よく休暇と仕事を両立する、新しい旅行スタイルです。また、「Go To トラベルキャンペーン」が開始して以降、週末のホテル予約がとりづらい傾向にありますが、「ワ―ケーション」であれば週末の混雑を避け、平日を使って旅行がより気軽にできるのもポイントです。
 エクスペディアが実施した調査によると、「ワーケーション」という言葉のコンセプトを知っていると回答したのは全体の54%。政府が普及を目指す方針を示して話題になった影響*1からか、「知っている」と回答した人は半数以上という結果となり、年代別でも認知の割合に大きな差は見られませんでした。









*1 2020年7月27日第38回 観光戦略実行推進会議議事要旨

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/kanko_kaigi_dai38/gijiyousi.pdf
 

20代の「ワーケーション」の経験は約30%!他の年代と比べて高い傾向に

 意味を伝えたうえで「ワーケーション」をしたことがあるか聞いたところ、「ある」との回答はわずか16%という結果に。日本では言葉自体の認知度は向上しつつあるものの、実際には経験の無い方が多く、旅行スタイルとしてはまだ一般的ではないようです。しかし年代別でみると、20代では30%近い人が経験が「ある」と回答しました。調査では、若い人ほど、経験率が高い傾向にあり、若い年代から広まる可能性がありそうです。

 









 

「ワーケーション」への意欲が年代別で分かれる結果に!20代・30代は「したい」人が半数近くに

 「ワーケーション」を実際にしてみたいかを聞いたところ、「したい」と回答したのは全体の39%でした。しかし年代別でみると、年代が高くなるにつれて「したい」という回答の割合が低くなる一方で、20代30代で「したい」と回答した割合は半数近くになりました。先に述べた経験有無の結果でも示されていた通り、若い年代のほうが新しい旅行スタイルへの関心が高いと考えられます。

 

「ワーケーション」を「したい」理由は、リフレッシュしたいから

※2 「『ワーケーション』をしてみたいですか?」に「したい」と回答した人が対象複数回答※2 「『ワーケーション』をしてみたいですか?」に「したい」と回答した人が対象複数回答

 「ワ―ケーションをしたい」と回答した人*2に理由を聞いたところ、「リフレッシュできそうだから」が75%で最も高く、次いで「少ない有休日数で旅先に長期滞在できるから」が58%、「ストレスが軽減できそうだから」が46%でした。「ワーケーション」は、自身がリフレッシュできる場所で仕事をしたり、長く仕事を休むことなく旅先での滞在期間を延長できます。「ワ―ケーション」に対して意欲的な人は、この新しい旅行スタイルを取り入れることで、プライベートも仕事も充実できると考える人が多いのではないでしょうか。

 

※3 「『ワーケーション』をしてみたいですか?」に「したくない」と回答した人が対象複数回答※3 「『ワーケーション』をしてみたいですか?」に「したくない」と回答した人が対象複数回答

 一方、「したくない」と回答した人の理由*3では、「仕事とプライベートの切り分けが難しそう」が48%と最も高く、「旅先でまで仕事をしたくないから」が47%、「旅先で就業できる仕事内容ではないから」が37%でした。意欲的な人とは反対に、「ワ―ケーション」に対して消極的な人は、プライベートと仕事を組み合わせることに対して生産的ではないと感じているようです。
 

「ワーケーション」で行ってみたい国内スポットランキング、1位は「高原リゾート」

 「ワーケーション」で行ってみたい国内スポットランキング*4は、1位が「高原リゾート」で66%、2位は「ビーチリゾート」の59%、3位が「温泉地」で58%となりました。また、政府が「ワ―ケーション」の場所として推奨している「国立公園」*5は、4位で34%でした。「ワ―ケーション」をする場所としては、山や海など自然が広がり、リフレッシュできそうなリゾート地が人気のようです。
*4 「『ワーケーション』をしてみたいですか?」に「したい」と回答した人が対象/ 複数回答
*5 環境省HP 国立公園内のキャンプ場で 「ワーケーション」をしよう!
https://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/pdf/workation202006.pdf
 

混雑を避け、且つお得に旅行ができる平日旅に「ワーケーション」がおすすめ!

 「Go To トラベルキャンペーン」が始まって以降、旅行が週末に集中する傾向にあり、一部の宿では予約のとりづらい状況が続いています。しかし「ワ―ケーション」であれば、平日を使うことで予約が取りやすくなることはもちろん、週末の旅行に比べてお得に旅行をすることができます。さらに、リフレッシュができるようなストレスの少ない環境で働くことができる点も魅力の1つです。
 「ワ―ケーション」をする際、旅先へ長く滞在をすると旅費が高くなるのでは、と懸念を抱く方もいるかもしれません。しかし「Go To トラベルキャンペーン」を使えば、お得に長期旅行が可能となります。例えば、1週間沖縄に滞在する場合、エクスペディアの「Go To トラベルキャンペーン」を使って予約をすると、3.5星ランクのホテルでも航空券と併せて19,500円*6で旅行することができます。

  • エクスペディアの「Go To トラベルキャンペーン」を使って沖縄で「ワ―ケーション」をしてみよう

東京-沖縄 往復航空券/3.5星ランクホテル 6泊7日滞在
「Go To トラベルキャンペーン」利用
「航空券+宿泊」パッケージ価格:19,500円/人*6


*6 2020年11月7日時点に、Expedia.co.jpで「GoToトラベルキャンペーン」を利用して「航空券+宿泊」を予約した時のサンプル価格。
実際の旅行代金額及び割引額は出発地、目的地、日程、宿泊施設、航空会社等に応じて日々変動いたします。 最新の価格はExpedia.co.jpでご確認ください。

 

エクスペディアの「Go To トラベルキャンペーン」で「ワ―ケーション」を始めよう!

 エクスペディアの「Go To トラベルキャンペーン」では、宿泊単体予約はもちろんのこと、「交通+宿泊」のパッケージプランも割引対象となります。また「Go To トラベルキャンペーン」は総旅行金額に対して割引がかかり、長期旅行をして合計金額が高くなるほど割引金額も大きくなるので、「ワ―ケーション」のような、長期間滞在する旅行にも最適です。
しかし、先日政府より「Go To トラベルキャンペーン」対象の予約について泊数制限が導入され、7泊までが補助の対象となることが発表*7されています。最新情報をご確認の上、ご予約ください。

<エクスペディアの「Go To トラベルキャンペーン」ポイント>
①航空券と宿泊を同時に予約すると、宿泊代金が最大全額OFF*8!宿泊単体でも最大35%OFF!

 航空券と宿泊を同時予約すると「Go To トラベルキャンペーン」のクーポンによる割引に加え、エクスペディア独自の割引があるため、宿泊代金が最大全額OFF*8となります。
 加えてエクスペディアならLCCを含む国内主要航空会社を選択することも可能なため、選択肢が豊富です。今なら国内最大LCCであるPeachのエクスペディア限定の特別料金があり、もっとお得に国内旅行を楽しめます。

②エクスペディアアプリからの予約で会員ポイントが2倍!
 エクスペディアのアプリから「Go To トラベルキャンペーン」を予約すれば、エクスペディア会員プログラムのポイントが最大2倍になります。「Go To トラベルキャンペーン」でお得に旅して、次の旅行で使えるポイントが取得できるアプリをぜひダウンロードしてご利用ください。
(アプリに関する詳細はこちら https://www.expedia.co.jp/app

キャンペーンに関する詳細はエクスペディアの「Go To トラベルキャンペーン」ページをご覧ください。
 

キャンペーンに関するFAQはこちら  https://welove.expedia.co.jp/gototravelfaq

*7 Go To トラベル事業における泊数制限の導入について
https://goto.jata-net.or.jp/info/2020103001.html
*8 最大割引額は、航空券と宿泊を同時予約された際の最大の割引額であり、ご予約時の割引率や割引額ではございません。この最大割引額は全ての航空券と宿泊施設の同時予約に適用されるものではありません。航空券と宿泊を同時予約した場合、割引が最大で宿泊費全額に適用される場合がございます。実際の割引額は予約画面にてご確認ください。税金、手数料、その他の追加費用は割引の対象外です。割引額は、Expedia.co.jpで航空券と宿泊施設を同時予約した際の費用と、航空会社が提示した正規の公示運賃の航空券と同一旅行日程の同一旅行商品を別々に予約した際の宿泊費用を合算した金額を比較して計算されます。割引額は、出発地/到着地、旅行期間、滞在日、選択した旅行会社によって異なります。全てのパッケージ予約で割引が適用されるわけではございません。キャンペーン対象宿泊施設一覧については(https://www.expedia.co.jp/lp/japan-hotels)をご確認ください

 

エクスペディアの「安全衛生対策」ガイドライン

 お客様の安全を第一と考えているエクスペディアでは、各宿泊施設のページにて、施設から「安全衛生対策」に関する情報をアップデートして頂くようお願いしており、旅行を検討するお客様が安心して宿泊施設を選べるようにしています。

 さらにエクスペディアでは旅行ガイドを用意し、お客様が旅行前に検討すべき内容を紹介しています。この他にも、旅行予約前と旅行前に、厚生労働省や各都道府県から発表される情報を確認することもおすすめします。またチェックリストも用意しましたので、旅行前に参照頂ければと思います。

[新型コロナウイルス旅行ガイド] 
https://www.expedia.co.jp/lp/b/coronavirus-travel
[スマートな旅行へのチェックリスト] 
https://www.expedia.co.jp/lp/b/coronavirus-travel/travel-smart
 

「Go To トラベルキャンペーン」とは

 「Go To トラベルキャンペーン」とは、地域の活性化および観光業の需要喚起を目的とした、日本政府主導による日本在住者が対象の国内旅行キャンペーンです。本キャンペーンでは、最大35%分の旅行代金と最大15%分の地域共通クーポンとを合わせて、旅行代金の最大50%分の額が日本政府より支援されます。なお、補助金には上限があり、旅行代の割引額は1人1泊につき最大14,000円、地域共通クーポンが最大6,000円となります。地域共通クーポンをご利用の際には、政府の提供する地域共通クーポンページ(https://goto-travel-ecoupon.jp/)へアクセスする必要があります。また、キャンペーンは2021年1月31日までにご予約・ご旅行(2021年2月1日チェックアウト)をしていただく必要があります。最新情報は政府のGo To トラベル事務局公式サイト(https://goto.jata-net.or.jp)をご確認ください。

■アンケート概要

■サンプル数: 計400名 ■調査期間: 2020年8月22日~25日 ■調査方法: インターネットリサーチ
■調査対象:直近3年以内に国内・海外問わず飛行機での移動を伴う旅行に行った20代~50代の会社員の男女
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。

エクスペディア概要
エクスペディア(Expedia)は、世界の大手総合旅行ブランドの一つで、世界中の旅行者が簡単に旅を計画し予約できるようサポートしています。日本語サイトのExpedia.co.jpでは、最新のテクノロジーのもとで世界中への旅行を可能にするとともに、ホテル、航空券、パッケージツアー、現地ツアーなどを、お得な価格で取り揃えています。
■Twitter: http://twitter.com/Expedia_Japan
■Facebook: http://www.facebook.com/ExpediaJapan
■LINE: @expediajapan

※Expedia およびエクスペディアのロゴは、米国 Expedia, Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の商品名、製品名、会社名などは、一般に各社の商標または登録商標です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エクスペディア・ジャパン >
  3. エクスペディア 「ワーケーション」に関する調査結果を発表 20代と30代の約50%が関心あると回答!