バンダイナムコアミューズメント マカオでのVR事業を開始 「VR ZONE MACAU」マカオ総合レジャー企業との業務提携締結

株式会社バンダイナムコアミューズメント(本社:東京都港区、社長:萩原仁)は、中国マカオ特別行政区(以下:マカオ)のMacau Fisherman’s Wharf International Investment Limited(Palace Building, Macau Fisherman’s Wharf, Avenida da Amizade e Avenida da Dr. Sun Yat Sen, Macau)とのマカオ内におけるVRコンテンツ独占供給事業提携に合意。両社の契約に基づき「VR ZONE MACAU」を2019年秋に開業予定です。

写真左:Macau Fisherman’s Wharf International Investment Limited 社長 Ms. Chan Mei Yi, Melinda氏
写真右:株式会社バンダイナムコアミューズメント 取締役 堀内美康

Macau Fisherman’s Wharf International Investment Limited(※1)は、マカオでカジノリゾート事業、ショッピングモール事業を手がける企業です。同社が運営している「Macau Fisherman’s Wharf」の大規模改装に伴い、「VR ZONE MACAU」のフランチャイズ契約を締結しました。日本でも展開している「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」「急滑降体感機 スキーロデオ」を始めとしたVRアクティビティを設置予定です。

施設名:    VR ZONE MACAU
住所:     Avenida da Amizade e Avenida Dr. Sun Yat-Sen Macau
会社名:    Macau Fisherman’s Wharf International Investment Limited.
オープン日:  2019年秋(予定)


※1  Macau Fisherman’s Wharf International Investment Limitedは Macau Legend社の子会社です。


※ ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バンダイナムコアミューズメント >
  3. バンダイナムコアミューズメント マカオでのVR事業を開始 「VR ZONE MACAU」マカオ総合レジャー企業との業務提携締結