akippaがプロバスケットボールチームの宇都宮ブレックスと提携!

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、バスケットボールB.LEAGUE B1の「宇都宮ブレックス」を運営する株式会社栃木ブレックス(代表取締役:鎌田眞吾)と2019年7月に提携し、2019-20シーズンよりホームゲーム時における駐車場不足の解消を共同で進めていきます。
駐車場不足の解消により、アリーナへの交通利便性向上が見込まれます。


宇都宮ブレックスは、栃木県宇都宮市をホームタウンとし、栃木県内でホームゲームを開催するバスケットボールチームです。スポーツエンターテインメントで栃木県を活性化することを目指し、2016-17シーズンはB.LEAGUE初代王者に輝き、2018-19シーズンは東地区にて2位と上位の成績を納め、入場者数は平均約4,000名を誇ります。
しかしながら、ブレックスアリーナ宇都宮周辺には十分な数の駐車場がなく公共交通機関での来場を推奨していますが、車で訪れるファンが多数いるため十分な駐車場を確保できていない状況です。

akippaは、B.LEAGUEでは西宮ストークス、茨城ロボッツと提携し、試合時における駐車場問題の解決に取り組んできた実績があります。特に2019年4月にオープンした茨城ロボッツの新アリーナ「アダストリアみとアリーナ」には開館時から予約制を導入し、試合開催時における周辺の交通渋滞ゼロを実現してきました(※1)。

※1 茨城ロボッツとの提携に関するプレスリリース
akippa、アダストリアみとアリーナ駐車場にIoT機器シェアゲートを導入!茨城ロボッツ試合日は完全予約制に!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000016205.html


今回の提携では、駐車場不足の課題を解決するため、akippaと宇都宮ブレックスが協力し、ブレックスアリーナ宇都宮周辺の駐車場開拓に取り組み、試合時に予約貸出が可能となる駐車場を増やしていきます。宇都宮ブレックスは地域に根ざしたチームであり、その強みを生かして駐車場開拓を進めます。
本取り組みにより、試合観戦時のファンの利便性を向上させるとともに、駐車場不足に伴う、周辺の違法駐車や迷惑駐車の抑制を目指します。

akippaは今後も、あらゆるプロスポーツチームの駐車場問題解決に努めてまいります。


■代表者コメント
akippa株式会社 代表取締役社長 CEO 金谷元気


宇都宮ブレックスさまと提携してアリーナ周辺の駐車場開拓を進めさせていただけること、大変嬉しく思います。
宇都宮ブレックスさまの強みである地域との繋がりとakippaの駐車場予約サービスの運営実績を生かして、宇都宮ブレックスさまに関わる多くの皆さまのお役に立てればと考えております。
東京2020大会まで約1年となり、ますますスポーツが盛り上がることが予想されます。akippaは困りごと解決企業として、スポーツの試合観戦時における駐車場問題に取り組んでいきたいと思います。




■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。2019年9月現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる駐車場拠点数累計3万拠点を確保しており、会員数は150万人を突破しました。
https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社  広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email:pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. akippa株式会社 >
  3. akippaがプロバスケットボールチームの宇都宮ブレックスと提携!