出光興産 ノルウェー領北海 PL090鉱区で試掘に成功

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木藤 俊一、以下当社)の子会社である出光スノーレ石油開発株式会社※1(本社:東京都千代田区、社長:三木 順)はノルウェー現地法人出光ペトロリアムノルゲ※2(Idemitsu Petroleum Norge AS、社長:有川 浩)を通じ、15%の権益を有するノルウェー領北海PL090鉱区で「エキノサウス(Echino South)」構造を試掘した結果、油・ガスの集積を発見しました。
※1 資本構成:出光興産㈱ 50.5%、大阪ガスサミットリソーシズ㈱ 49.5%
※2 資本構成:出光スノーレ石油開発㈱ 100%
試掘に成功したエキノサウス構造はノルウェー領北海にあり、2003年から生産しているフラム油田群(当社権益15%)から南西に約3.2kmの場所に位置しています。当社は2002年に、フラム油田群を含むPL090鉱区の権益を取得しました。

試掘井は海面下2,947mの深さまで掘削され、ソグネフィヨルド(Sognefjord)層、及びブレント(Brent)層群で油・ガスの集積を確認しました。

今後、既存生産設備を活用した開発検討を行う予定です。

【PL090鉱区概要】

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 出光興産株式会社 >
  3. 出光興産 ノルウェー領北海 PL090鉱区で試掘に成功