プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社日刊工業新聞社
会社概要

銀座 蔦屋書店に工場発「モノづくり」ポップアップショップが出現!

18社・約70製品が集結、技術力と心意気を体感する2日間

株式会社日刊工業新聞社

 日刊工業新聞社(所在地:東京都中央区日本橋小網町14-1)は、日本のモノづくり企業の技術と知恵、センスとギミックが詰め込まれた、「GOOD」な工場発の製品を紹介・販売するポップアップショップ「FACTORY’S GOODs(ファクトリーズグッズ)」を、2023年 11月3日(金・祝)〜4日(土)銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM (東京都中央区銀座6丁目10−1 GINZA SIX 6F)にて開催します。

  • 【開催背景・概要】

 日本のモノづくりの面白さ、技術の奥深さ、その価値を、若者を中心に幅広い人々に伝えたい。モノづくりへの純粋な驚きと興味を広げ、次世代につなげたい―FACTORY’S GOODsはそんな思いから生まれました。


 5回目の開催となる今回は、初めて銀座での開催となります。会場となる銀座 蔦屋書店は本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案しています。本イベントではこのコンセプトに共感し、「日本の高度なモノづくり」を日本文化の一つとして捉え、研ぎ澄まされた加工技術によって生み出された製品を揃えました。

 作り手とコミュニケーションを交えながら製品を実際に手に取り、購入していただくことで、モノづくりと暮らしをつないでいくことを目指します。


 また、本イベントの会期前には銀座 蔦屋書店とのタイアップによるフェアを実施します。一部の製品を先行して展示・ご購入いただけます。


【FACTORY’S GOODs 詳細情報】

 ポップアップショップ @銀座 蔦屋書店

 会期:2023年 11月3日(金・祝)〜4日(土)

 12:00~20:00(最終日は19:00)

 会場:銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

 (東京都中央区銀座6丁目10−1 GINZA SIX 6F)

   https://store.tsite.jp/ginza/

 入場登録:不要

 入場料:無料


 店頭タイアップによるフェア @銀座 蔦屋書店

 会期:2023年10月21日(土)~11月5日(日) 10:30~21:00

 会場:銀座 蔦屋書店 (東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F)

    EATALY側展示台



 特設Webサイトhttps://biz.nikkan.co.jp/brand/factorysgoods/

 公式Instagram:@factorysgoods   https://www.instagram.com/factorysgoods/ 

         #ファクトリーズグッズ

 ウェブメディア「ニュースイッチ」 https://newswitch.jp/ にて10月10日より出展企業紹介記事を公開


  • 【出展企業・主な製品紹介】

主な出展製品主な出展製品

出展企業

旭鉄工(株)(愛知県碧南市)/伊福精密(株)(兵庫県神戸市)/(有)小沢製作所(東京都八王子市)/ (株)極東窒化研究所(神奈川県秦野市)/錦城護謨(株)(大阪府八尾市)/栗田産業(株)(静岡県静岡市)/(株)サカエ工業(栃木県栃木市)/(有)佐野機工(栃木県真岡市)/新和メッキ工業(株)(新潟県上越市)/(株)セイコー(愛知県小牧市)/(株)摂津金属工業所(大阪府東大阪市)/(株)タキオン(愛知県安城市)/(株)タシロ(神奈川県平塚市)/(株)ツカダ(岐阜県関市)/(株)新潟プレシジョン(新潟県十日町市)/(有)早野研工(岐阜県大垣市)/(株)マクルウ(静岡県富士宮市)/(株)マツキ(東京都江戸川区)※五十音順


出展企業・製品の詳細はこちら

https://biz.nikkan.co.jp/brand/factorysgoods/exhibitor/ 


【「FACTORY’S GOODs」とは】

 FACTORY'S GOODsは、「日本のモノづくりの面白さ、技術の奥深さ、その価値を、若者を中心に幅広い人々に伝えたい。モノづくりへの純粋な驚きと興味を広げ、次世代につなげたい」という思いを持った日刊工業新聞社の社員から生まれた企画です。製品のファンを創出するだけでなく、「持続可能な日本のモノづくり」を担う次世代の人材発掘も目指します。

 「一般の方々とモノづくりとの出会いを創出するため」の商業施設内、そして「モノづくりのプロたちに技術を披露」するための産業関連展示会内(主に東京ビッグサイト内)にて年に2回開催しています。

 出展者は、日本の製造業を100年以上にわたり取材してきた日刊工業新聞社が推薦する企業です。新しい事業に挑戦しようとするポジティブな姿勢と、それを実現する技術は、BtoBの分野においても企業の可能性を広げています。日本の産業界に新たな価値観を根付かせ、育てていく取り組みの1つとなれば幸いです。


【FACTORY’S GOODs 次回開催】

 技術展示&ポップアップショップ @東京ビッグサイト

 会期:2023年 11月29日(水)〜12月1日(金)10:00~17:00

 会場:東京ビッグサイト 西2ホール (G-01)(東京都江東区有明3-11-1)

 入場登録:要(詳細は https://autumnfair.nikkan.co.jp/参照(10月上旬サイトオープン予定))

 入場料:1,000円(入場登録者、招待状持参者、中学生以下無料)



 主催:株式会社日刊工業新聞社

 運営:FACTORY’S GOODs運営事務局/ニュースイッチ/月刊誌「プレス技術」

 団体協賛:一般社団法人日本工作機械工業会

 企業協賛:株式会社青山財産ネットワークス、株式会社アマダ、株式会社ソディック、日進工具株式会社、牧野フライス精機株式会社、碌々スマートテクノロジー株式会社(50音順)

 協力:モノづくり日本会議


【問い合わせ先】

FACTORY’S GOODs運営事務局  日刊工業新聞社 イベント事業部(蓮見)

03-5644-7220  factorysgoods@nikkan.tech


【日刊工業新聞社について】(https://corp.nikkan.co.jp/

 1915年(大正4年)、日刊工業新聞の前身「鉄世界」が創刊。それ以来「モノづくり」に特化したオンリーワンのメディアとして、ビジネスに役立つ情報発信に努めてきました。全国の取材ネットワークを駆使し、上場企業だけではなく中小企業の動向にも目を光らせ、最新かつ信頼性の高い情報を収集しています。新聞を中核に、出版、電子メディア、イベント、教育などのあらゆる事業を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。


【ニュースイッチについて】(https://newswitch.jp/

 ニュースイッチは、日刊工業新聞のニュースやオリジナルコンテンツを、より新鮮に親しみやすく発信するWebサイトです。「テクノロジー」「ビジネス・経済」など6つのテーマから日刊工業新聞の記者が気になる記事を紹介し、記事や取材の背景を解説します。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
日用品・生活雑貨
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社日刊工業新聞社

12フォロワー

RSS
URL
https://www.nikkan.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都中央区日本橋小網町14-1
電話番号
03-5644-7000
代表者名
井水治博
上場
未上場
資本金
-
設立
1915年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード