株式会社電通:気象データを活用した新たなマーケティング戦略と新事業の創造【JPIセミナー8月30日(金) 開催】

~データドリブンマーケティング時代における気象データの可能性~

日本計画研究所は、株式会社電通 データ・テクノロジーセンター DMP開発2部長 General Manager 櫻木 裕之 氏を招聘して下記の通りセミナーを開催いたします。
セミナー終了後には、講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたしますので、ビジネスに役立てていただける構成となっております。
〔詳細・申し込み〕https://www.jpi.co.jp/seminar/14696

〔タイトル〕
株式会社電 通
気象データを活用した新たなマーケティング戦略と新事業の創造
~データドリブンマーケティング時代における気象データの可能性~

〔講義概要〕
近年のデータ・テクノロジーの進化に伴い、生活者の消費行動に多大な影響を及ぼす気象データを活用したマーケティングが大きな注目を集めている。気象データはマーケティングをどのように進化させられるのか?どのような判断のシーンで活きるのか?どのように活用すればよいのか?マーケティング領域における気象データ利活用の最新トレンドとアイディアについて提案する。

JPIカンファレンススクエアJPIカンファレンススクエア


〔講義項目〕
1.ビッグデータがマーケティングを変える
 (1)自己紹介とこれまでの実績
 (2)データドリブンマーケティングの潮流
 (3)電通のデータ戦略
2.気象データ利活用の最新トレンド
 (1)気象データと消費行動
 (2)気象データの活用シーン
 (3)気象データの活用事例
3.マーケティングにおける気象データの可能性
~WEM(Weather Enhanced Marketing)~
 (1)AIを駆使した予測モデルの開発
 (2)需要が高まる瞬間(モーメント)の捕捉
 (3)需要予測データの利活用アイディア
4.需要拡大と供給最適の両立への挑戦
~CPFR(Collaborative Planning, Forecasting, and Replenishment)に向けた取組み~
5.関連質疑応答
6.名刺交換会 講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします。

〔講  師〕株式会社電通 データ・テクノロジーセンター DMP開発2部長 General Manager 櫻木 裕之 氏

〔開催日時〕2019年08月30日(金)  13:30 - 15:30 

〔会  場〕  港区南麻布/JPIカンファレンススクエア https://www.jpi.co.jp/access

〔 参加費 〕
▶民間参加費1名 : 32,900円 (資料代・消費税込)
2名以降 27,900円 (社内または関連会社で同時お申込みの場合)
▶行政:国家公務員・地方自治体職は、先着5名様無料ご招待
(ホームページからのお申込みに限る。)

 

【お問合せ】
JPI 日本計画研究所
〒106-0047東京都港区南麻布5-2-32 興和広尾ビル
TEL.03-5793-9761  FAX.03-5793-9766
URL  http://www.jpi.co.jp

 


【株式会社JPI(日本計画研究所)】
“「政」と「官」と「民」との知の懸け橋”として国家政策やナショナルプロジェクトの敷衍化を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報をご参加者を限定したリアルなセミナーという形で半世紀、提供し続けています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JPI日本計画研究所 >
  3. 株式会社電通:気象データを活用した新たなマーケティング戦略と新事業の創造【JPIセミナー8月30日(金) 開催】