デロイト トーマツ ベンチャーサポート 代表取締役社長に斎藤祐馬が就任

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社(東京都千代田区、以下 DTVS)は、取締役会を開催し、これまで事業統括本部長を務めてきた斎藤祐馬が、6月1日付けで同社の代表取締役社長に就任することを決定しました。

DTVSはベンチャー企業、大手企業、官公庁・地方自治体等が協働し、数多くのイノベーションを生み出すエコシステムの創造を目指しています。 主な活動は、ベンチャー企業支援、大手企業向けイノベーションコンサルティング、官公庁向け政策提言・実行支援です。国内外約3,000のベンチャー企業との間でネットワークを有しており、得られた知見を大手企業向け支援に生かしています。
 

氏名・略歴等

氏名(よみがな) 斎藤 祐馬(さいとう ゆうま)
生まれ(年齢) 1983年(36歳)
略歴 2005年 慶應義塾大学経済学部卒業
  2006年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社
  2010年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社
(現 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社)の
事業立ち上げに参画
  2011年 公認会計士登録
  2012年 トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業開発部長
  2015年  トーマツ ベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長
  2019年  デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社 代表取締役社長


斎藤祐馬の所感

この度、代表取締役社長を拝命したことは、社内外の多くの方々のご支援によるところであり、大変光栄に思っております。DTVSは「挑戦する人とともに未来をひらく」をミッションに掲げ、多くの挑戦者と共に、未来を拓き、日本独自のイノベーションエコシステムの構築に尽力しています。日本だけでなく、世界で社会課題を解決する企業が活躍できる場を創造し、令和の時代に求められる明るい未来に向け、挑戦者とともに大きな花を咲かせたいと考えています。




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デロイト トーマツ グループ >
  3. デロイト トーマツ ベンチャーサポート 代表取締役社長に斎藤祐馬が就任