【F.C.大阪】4月24日(土) F.C.大阪 vs いわきFC 試合結果

大阪府東大阪市を本拠地とするサッカークラブ「F.C.大阪」は、 4月24日(土)にJFL 第6節 vs.いわきFC との試合をホーム・服部緑地陸上競技場にて行いました。
4月24日(土)に第23回 日本フットボールリーグ 第6節 F.C.大阪 vs いわきFC(@服部緑地陸上競技場 13:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

F.C.大阪 1-1(前半1-0) いわきFC
得点者:2分 田中直(F.C.大阪)、61分 山下(いわき)


 新型コロナウイルス感染症の影響により予定されていた大阪サッカー選手権大会 準決勝が延期となり、1週間空いての試合となったF.C.大阪。25日から緊急事態宣言が3度目の発令で、F.C.大阪サポーターにとってはしばらくスタジアムで試合を見れなくなるとあって、絶対に勝ち点3をプレゼントしたいところ。
 F.C.大阪は今季初めてスタートのメンバーを変更。中盤のMF町田をリザーブ、代わりに前節今季初出場を果たしたMF齊藤をスタートに起用。またFW川西が開幕戦以来のベンチ入りを果たした。
 試合は早々に動く。2分、左サイド後方からDF舘野が前線に大きく蹴り出すと、相手ディフェンスとゴールキーパーの間にボールを落とす絶妙なパスをFW田中直がボールをキープ。田中直は相手ゴールキーパーをしっかり見ながら華麗なループシュートでゴールネットを揺らし、昇格争いのライバル相手に幸先よく先制点を決める。そしてMF大山の快足を軸に次々とチャンスを作り出す。9分には舘野のフリーキックに田中直が頭で合わすも僅かに枠を外してしまう。13分には大山のスルーパスをFW木匠が受けるが僅かにオフサイド。38分にも舘野がフリーキックから直接シュートを放つが、惜しくもサイドネットと惜しいシーンを次々と作り出す。結局前半はF.C.大阪が終始ペースを握りながら追加点を上げることができず、このまま1-0で折り返す。
 後半、いわきFCはスタートから一気に3選手を入れ替え、またフォーメーションも変更すると、F.C.大阪は相手にボールを繋がれる展開。しかし、DF坂本を中心に粘り強く対応し、相手にゴールを割らせない。だが61分、中盤で競り合いのボールを奪われると、これを繋がれ、最後はいわきFC MF山下にゴールを決められ同点に追いつかれてしまう。F.C.大阪は68分にMF町田、72分にMF澁谷、FW川西と攻撃的なカードを投入すると、徐々に試合のペースを取り戻す。試合終了間際にはMF澁谷がループシュートを放つが、惜しくも枠を捉えきれず。最後までお互い白熱した試合展開だったがこのまま1-1で試合終了。
 勝ち点1を分け合う結果となったが、F.C.大阪は6試合終えて4勝2分の無敗。勝ち点を13にして暫定首位となった。
 

F.C.大阪スターティングメンバー(Photo:辻本翔子)F.C.大阪スターティングメンバー(Photo:辻本翔子)

先制点のシュートを放つFW田中直(Photo:辻本翔子)先制点のシュートを放つFW田中直(Photo:辻本翔子)

前半から攻撃を牽引したMF大山(Photo:辻本翔子)前半から攻撃を牽引したMF大山(Photo:辻本翔子)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. F.C.大阪 >
  3. 【F.C.大阪】4月24日(土) F.C.大阪 vs いわきFC 試合結果