埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、大正創業、名物は「焼きだんご」。参拝客や地元常連客の憩いの場となっている松山商店と2022シーズンのクラブパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、大正創業、名物は「焼きだんご」。蓮馨寺参拝客や地元常連客の憩いの場となっている松山商店(埼玉県川越市、代表 松山英彰)とクラブパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、 川越に夢と感動を創出し続け、 100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、 川越に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、 地元川越へ応援を通じて貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■松山商店 代表 松山英彰 様 コメント

「みんなで一緒に頑張ろう!盛り上げましょう!川越名店街も応援しています!」

HP:https://renkeiji.jp/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%95%86%E5%BA%97/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 藤川永吉 コメント

「この度、蓮馨寺境内で名物焼きだんごを販売される松山商店様とパートナー契約を締結いたしました。代表松山様は昔から埼玉県内のサッカーチームを応援してこられたということで、川越から初のJリーグ参入を目指すCOEDO KAWAGOE F.Cに大きな期待を寄せていただいております。今後は川越名店街の会長も務められる松山様のお力をお借りしながら、川越市内の商店街の活性化のお手伝いをしていきたく存じます。2022シーズン、どうぞよろしくお願いいたします!」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画:  https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP:  https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、大正創業、名物は「焼きだんご」。参拝客や地元常連客の憩いの場となっている松山商店と2022シーズンのクラブパートナー契約を締結