自動車用塗料事業のグローバル組織再編~お客様のニーズに即応できる体制構築~

日本ペイントホールディングス株式会社(本社:東京都中央区 取締役会長 代表執行役 社長兼CEO:田中正明)は、2021年1月1日付で、自動車用塗料事業に関するグローバルな組織再編を実施します。新体制においては、そのグループ会社である日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社をグローバルな自動車用塗料事業の統括会社と位置づけ、その略称をNPAC(エヌパック)と称することにします。登記上の社名や資本関係の変化はございません。

今回の組織再編は、8月21日に発表したアジア合弁事業100%化・インドネシア事業買収に伴う一体運営の効果を早期に実現するためのもので、自動車用塗料事業のグローバルな運営強化を目的とします。日本、中国を含むアジア地域(NIPSEAグループの自動車用塗料事業を含む)、欧米の自動車用塗料事業の機能を、統括会社としてのNPACのもとに統合します。また、新たに国を越えた顧客担当責任者を設置するとともに、営業・R&D体制をグローバルに構築し、お客様への迅速な情報・サービスの提供をワンストップで実現します。さらに、CASE(Connected, Autonomous, Shared, Electric)等の自動車ビジネスモデル変革への対応力も強化します。

新体制の会長兼CEO(最高経営責任者)は、日本ペイントホールディングス株式会社取締役会長 代表執行役社長兼CEOの田中正明が兼任します。また、社長兼COO(最高執行責任者)には、現日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社代表取締役社長の牟禮章一が就任します。

日本ペイントHD(株)取締役会長 代表執行役社長兼CEO田中正明のコメント:「今回の自動車用塗料事業の再編は、先日発表したアジア合弁事業100%化・インドネシア事業買収に伴う、シナジー創出の第一歩です。NPACは、従業員数5,800人、売上高約1,500億円超*の規模で世界第3位の自動車用塗料メーカーとなります。これまで分散されていた経営資源を糾合し、営業・R&Dを中心に、お客様のニーズに即応できる強固なグローバル体制を構築します。国内の自動車用塗料工場の生産能力の増強や効率化に向けた最新設備の導入、ならびに技術革新などへの積極的な投資を行い、お客様の商品供給・販売を全面的に支援してまいります。また、欧米においても、お客様のご要望に応えられる体制を整備するなど、自動車用塗料ビジネスを更に強化し、攻めの経営を実現してまいります。」
* 2019年度の自動車用塗料売上高の実績にP.T.Nipsea(インドネシア)の自動車・二輪用塗料売上高を単純合算した数値

【組織再編の背景】
現在、当社グループの自動車用塗料事業は、100%子会社である日本ペイント・オートモーティブコーティングスやアジア地域を担当するNIPSEAグループの子会社などを中心に、日本、アジア、米州、欧州等、地域軸の事業体制を採用し、それぞれの地域で、お客様とのお取引を行っております。特に、アジア各国においては、日本ペイント・オートモーティブコーティングスとNIPSEAがそれぞれの子会社でお客様との窓口を設けているため、全体最適の観点から生産性や効率性向上には、人員配置や組織設計を含むグローバルな体制を構築することが必要でしたが、8月21日に発表しましたアジア合弁事業100%化・インドネシア事業買収により、当社グループ内での資本関係が整理され、自動車用塗料事業のグローバル一体運営が可能となりました。

1.NPAC組織体制2020年10月1日現在 ※主要会社のみを入れております。


2021年1月1日(予定)

※2021年1月1日に発足する新体制において統括会社となる日本ペイント・オートモーティブコーティングスの略称をNPACとします。登記上の社名に変更はありません。

2.日本ペイントHD(株)資本関係
2020年10月1日現在  ⇒ 2021年1月1日(予定)


【主な変更点】
  • お客様との連携強化
グローバルキーアカウントマネージャー(Global Key Account Managers:GKAM)の設置

お客様ごとの営業責任体制を明確化するとともに、窓口の一本化を図るため、GKAMを置くとともに、世界各国にローカルキーアカウントマネージャー(Local Key Account Managers: LKAM)を設置します。GKAMを中心に、地域を越えてグローバルに連携をとりながら、よりきめ細やかにお客様にワンストップで対応する体制を構築します。

R&D、製品開発のグローバル化、イノベーションへの対応

CASE等新技術への対応として、コアR&D、イノベーション対応部門を新たに設立し、グローバルな研究開発体制を強化します。これにより、自動車製造を取り巻くグローバルな環境変化をタイムリーに捉え、新しい価値をお客様やエンドユーザーに提供できるようになります。また、環境問題や社会課題を解決できる自動車用塗料・コーティング技術の製品開発を加速させます。
 
  • グローバル組織の確立
グループ本社機能の強化

NPACをグループ各社(53社)を統括する本社と位置づけ、大阪府枚方市に設置するとともに、当社グループのグローバル本社(東京)にもNPAC社員を駐在させ、海外パートナー企業の知見も活用し、経営の更なるグローバルな一体運営を実施します。
 
  • 海外関係会社の統合による効率化

アジアの子会社の統合(2021年1月以降)

アジアにおける、日本ペイント及びNIPSEAの自動車用塗料子会社を地域ごとに順次統合します。

欧米子会社の統合

欧州・米州における子会社の効率運営に向けた機能統合を促進します。

【NPACロゴの制定】

グローバルで使用するNPACの新しいロゴを制定いたしました。

日本ペイント・オートモーティブコーティングス株式会社
本社:大阪府枚方市
代表取締役社長:牟禮章一
公式サイト:https://www.nipponpaint-automotive.com/

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ペイントホールディングス株式会社 >
  3. 自動車用塗料事業のグローバル組織再編~お客様のニーズに即応できる体制構築~