埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、再生可能エネルギー事業、不動産事業等、幅広い事業展開を行うアースシグナル株式会社と2022シーズンのブロンズパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、再生可能エネルギー事業、不動産事業、建築事業、地方創生事業と、幅広い事業展開を行うアースシグナル株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 笠原喜雄)とブロンズパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、 川越に夢と感動を創出し続け、 100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、 川越に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、 地元川越へ応援を通じて貢献したいという想いから今回のご縁となりました。

■アースシグナル株式会社 代表取締役 笠原喜雄 様 コメント

「この度ご縁があり、COEDO KAWAGOE F.C株式会社様とパートナー契約を結ばせていただくこととなりました。コロナ禍ということもあり、日本も衰退している中、こうしたスポーツ活動はみんなを元気にし、それが地域貢献へとつながると信じています。我々の息子世代、そしてまたその息子へと継承していけるよう、100年200年と夢をつなげて行ってください。同じ川越市の企業として、微力ながら応援させて頂きます!今後のご活躍を祈念しております。」

HP:https://earth-signal.co.jp/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 藤川永吉 コメント

「この度、再生可能エネルギー事業、不動産事業、建築事業、地方創生事業と、幅広い事業展開を行うアースシグナル株式会社様とパートナー締結をいたしました。アースシグナル株式会社様は太陽光発電をはじめとした次世代を見据えた事業に強みを持っており、川越の街にさらに浸透させていきたいという面でCOEDO KAWAGOE F.Cにもご期待をいただいております。川越はSDGsの街という一面も持っており、今後の持続可能社会の構築に向けてもアースシグナル株式会社様とより良い関係性を構築して参ります。」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画:  https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP:  https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、再生可能エネルギー事業、不動産事業等、幅広い事業展開を行うアースシグナル株式会社と2022シーズンのブロンズパートナー契約を締結