Windows 7サポート終了に伴うDCPエディタの対応について(株式会社エクサ)

マイクロソフト社によるWindows 7サポート終了(2020年1月14日)に伴い、弊社が提供するDCPエディタについて、以下のように対応します。
Windows 7サポート終了に伴うDCPエディタの対応
  • 2019年9月30日(月)でWindows 7対応版の出荷受付を終了します。
  • 2020年1月14日(火)でWindows 7対応版のサポートを終了します。

DCPエディタについて

DCPエディタは、データ・レコード単位に表示・編集できるデータ・エディタです。
WindowsPC上で一般的に使用されているテキスト・エディタでは扱いが困難なパック数値、バイナリ数値、IBM漢字を含む業務ファイルの表示・編集がメインフレームの標準エディタ(TSO,ISPF)と同様に操作できます。

DCPエディタは、DCP圧縮ファイルの他、非圧縮の一般的なテキストファイルや固定長ファイル、可変長ファイル(ホスト形式)の表示・編集ができます。

https://www.exa-corp.co.jp/solutions/infrastructure/DCP_Editor.html?utm_source=20190829&utm_medium=press


DCPについて

DCPとは、ファイル単位でデータを最大90%以上(平均70%)圧縮するエクサオリジナルのデータ圧縮パッケージです。

メインフレームからミッドレンジ・UNIX・Windowsまで様々なプラットフォームに対応し、転送時間の短縮、DISKエリアの削減、テープメディア(媒体運用)の削減を可能とし、800社以上の豊富な導入実績に支えられた信頼性の高いソフトウェアです。

https://www.exa-corp.co.jp/solutions/bigdata_infra/dcp.html?utm_source=20190829&utm_medium=press


オープンDCPについて

オープンDCPは、メインフレームで培った技術をオープン・システムに全面展開した製品です。メインフレームとオープン間のデータ連携(変換)機能強化により、様々なシステムへの適用が可能です。

データ移行や帳票データ連携、外部接続など、様々な用途に採用いただいています。



https://www.exa-corp.co.jp/solutions/infrastructure/opendcp.html?utm_source=20190829&utm_medium=press



よくあるご質問
  • 2020年1月14日以降のDCPエディタのWindows7環境のサポート及び、使用許諾について教えてください。
DCPエディタ (Windows7)のサポートは、2020年1月14日で終了します。
サブスクリプション契約をご締結中のライセンスに関して使用許諾します。
サポート終了後の環境でのご利用については、お客様責任でのご利用となります。
 
  • DCPエディタ(Windows10)への移行を計画しています。手続と流れを教えてください。
①PCを更新してMacアドレス変更の場合
アクティベーション情報(新Macアドレス)を申請お願いいたします。(詳細は営業担当にご確認ください)
弊社からインストーラをダウンロードできるURLをご連絡いたしますので、インストーラをダウンロードして導入をお願いいたします。

②PCは変更なく、OSバージョンアップをした場合(Macアドレス変更なし)
アクティベーション情報(Macアドレス、OS Ver)を申請お願いいたします。(詳細は営業担当にご確認ください) 以前、導入した時のイントーラを利用して導入をお願いいたします。


株式会社エクサの概要
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を母体とするITサービス会社です。先進技術を活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
URL:https://www.exa-corp.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エクサ >
  3. Windows 7サポート終了に伴うDCPエディタの対応について(株式会社エクサ)