ブラザー工業、「スポーツエールカンパニー」に認定

~自社開発の映像エクササイズコンテンツによる簡単な運動を社内で実施~

ブラザー工業株式会社は、スポーツ庁より、従業員の健康増進のために積極的な取り組みを行っている企業として、「スポーツエールカンパニー」*に認定された。
*…「スポーツエールカンパニー」は、運動不足である「働き盛り世代」にスポーツの実施を促進し、従業員の健康増進のために積極的な取組を行っている企業を認定する制度


<健康増進への取り組み>
ブラザーは、2015年10月より現在まで、社内の健康管理センターおよび健康保険組合が呼びかけ、参加意思のある従業員が、部署や施設単位で、自社開発の映像エクササイズコンテンツ「JOYBEAT(ジョイビート)」を活用した運動を定期的に実施している。ジョイビートは、ヒット曲にのって動き・しゃべり・歌う画面上のバーチャルインストラクターを手本として、曲を口ずさみながら運動ができるエクササイズプログラムで、実施した従業員からは、仕事の合間にいいリフレッシュになるなどの意見の他、会話のきっかけにもなるなどの声が聞かれ、コミュニケーションの機会にもつながったという。 


<ブラザーの健康経営推進体制>
ブラザーは、従業員一人一人の心身の健康こそ大切な「財産」ととらえ、『明るく・楽しく・元気に』、生き生きとさまざまな能力を発揮できることが、グループの成長につながると考えている。従業員一人一人が健康であることは、ブラザーグループの継続した発展の礎であるとともに、健康寿命の延伸など社会の要請に応えるものと考え、健康経営の実現のため、会社・労働組合・健康保険組合が一体となり、従業員の健康の保持・増進のための活動に取り組んでいる。

ブラザーでは今後も、従業員の心身の健康の保持・増進のための取り組みを推進することで、モノ創りを通して優れた価値を創造し、世の中に貢献していきたいとしている。
 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラザー工業株式会社 >
  3. ブラザー工業、「スポーツエールカンパニー」に認定