島根県立石見美術館 「文化勲章受章記念 澄川喜一展」の開催

「展覧会概要」
1、開催趣旨および見どころ
このたび、島根県出身の彫刻家、澄川喜一(1931年吉賀町生まれ)が文化勲章を受章いたしました。これを記念し、島根県に寄贈された作品のなかから、作家のライフワークとなっている「そりのあるかたち」シリーズを中心に、1980年代から現在にいたるまでの、選りすぐりの作品約15点を紹介いたします。
澄川喜一は、1931(昭和6)年、島根県鹿足郡六日市町(現・吉賀町)に生まれました。高校時代を山口県岩国市で過ごし、木造の大橋・錦帯橋の魅力に惹かれたことから造形の世界に没頭。東京藝術大学で日本近代彫刻を代表する彫刻家、平櫛田中と菊池一雄に師事し、卒業後は同大学の教授として、多くの後進を育てながら、数々の立体作品を世に生み出してきました。特に木や石という自然の素材を活かし、日本の伝統美に感応した、独特の曲線を表した「そりのあるかたち」は、抽象造形のなかに、東洋的美意識の無限の可能性を見いだし、現在も一貫して続くテーマとなっています。木の個性を最大限に生かした力強い造形の魅力と、今なお進化を続ける澄川芸術の変遷をご覧下さい。
 

               澄川喜一「そりのあるかたち」2018年 杉 当館蔵
公式サイト  http://www.grandtoit.jp/special/sumikawa_bunka_2020/

2、会期   2020年12月3日(木)~2021年2月15日(月)
       休館日:毎週火曜日、12月28日~1月1日
3、会場   島根県立石見美術館 展示室C(グラントワ内)


※お問い合わせ
島根県芸術文化センター「グラントワ」内 島根県立石見美術館
総務広報課 担当:田原、吉岡
学芸課 担当:左近充
TEL:0856-31-1860  FAX:0856-31-1884
  1. プレスリリース >
  2. 島根県 >
  3. 島根県立石見美術館 「文化勲章受章記念 澄川喜一展」の開催