【F.C.大阪】5月5日(水・祝) F.C.大阪 vs MIOびわこ滋賀 試合結果

大阪府東大阪市を本拠地とするサッカークラブ「F.C.大阪」は、 5月5日(水・祝)にJFL 第8節 vs.MIOびわこ滋賀 との試合をホーム・東大阪市花園ラグビー場 第2グラウンドにて行いました。
5月5日(水・祝)に第23回 日本フットボールリーグ 第8節 F.C.大阪 vs MIOびわこ滋賀(@東大阪市花園ラグビー場 第2グラウンド 13:00 KICK OFF)が行われました。結果は下記の通りです。

F.C.大阪 0-2(前半0-1) MIOびわこ滋賀
得点者:小口(9分:滋賀)、竹下(73分:滋賀)

 朝から強い雨が降りしきり、冷え切った中行われたゴールデンウィーク最終日の一戦。1日(土)の試合から中3日で今日の試合を迎えたF.C.大阪は、新型コロナウイルス感染症の影響で1日(土)の試合が中止となり、中10日とスケジュールが開いたMIOびわこ滋賀と戦う。F.C.大阪は今季初めてホームタウンである東大阪市の東大阪市花園ラグビー場 第2グラウンドでの試合であったが、緊急事態宣言発令に伴いリモートマッチ(無観客試合)での開催となった。
 F.C.大阪は前節とスタートのメンバーは変わらず。リザーブには滋賀戦通算12試合で12得点と非常に相性が良いFW川西が入った。
 前半、今日も幸先よく先制点を奪取し試合を優位に進めたいF.C.大阪だったが、9分、相手のコーナーキックから今季初めて相手に先制点を許してしまい、追いかける展開に。F.C.大阪は16分、MF大山のクロスのこぼれ球をFW木匠が拾ってミドルシュートを放つが、相手GKが僅かに触れてクロスバーを直撃、惜しくも得点ならず。31分にはDF舘野がグラウンダーのロングシュートを狙うが、これは相手GKがキャッチ。結局前半は同点弾を上げることができず、相手にリードを許して試合を折り返す。
 後半に入っても、スリッピーなピッチと、相手のスペースを作らせない守備でなかなか思うような攻撃が繰り出せないF.C.大阪。だが62分にDF齊藤、DF附木、MF澁谷の3枚を投入すると徐々にペースを掴みだす。70分には滋賀相手に相性の良いFW川西を投入。同点に向け、勢いをつけた矢先の73分、F.C.大阪はゴール前で相手にこぼれ球をを拾われ失点。0-2とリードを広げられてしまう。一矢報いたいF.C.大阪は77分にMF澁谷がサイドからペナルティエリア内に切り込みシュートを放つも、相手GKがファインセーブで防がれる。また終了間際には立て続けに得意のコーナーキックのチャンスが訪れるも、いずれも守りきられ、結局0-2のままで試合終了。F.C.大阪は開幕8試合目で今季初黒星となった。
 

F.C.大阪スターティングメンバー(Photo 小中村政一)F.C.大阪スターティングメンバー(Photo 小中村政一)

31分にミドルシュートを放つDF舘野(Photo 小中村政一)31分にミドルシュートを放つDF舘野(Photo 小中村政一)

62分に投入され、チャンスを作ったMF澁谷(Photo 小中村政一)62分に投入され、チャンスを作ったMF澁谷(Photo 小中村政一)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. F.C.大阪 >
  3. 【F.C.大阪】5月5日(水・祝) F.C.大阪 vs MIOびわこ滋賀 試合結果