2019年 全国カーライフ実態調査(第5弾)~あおり運転対策とドライブレコーダー ドライブレコーダー選びの際に重視する点は? ほか (「2019年 全国カーライフ実態調査」より抜粋)

ソニー損害保険株式会社(代表取締役社長:丹羽 淳雄、本社:東京都大田区、以下「ソニー損保」)は、2019年10月16日~10月17日の2日間、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女に対し、「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。
本リリースは、11月28日にソニー損保が発表した「2019年 全国カーライフ実態調査」から抜粋してご案内するものです。調査の全文は、以下のURLからご覧いただけます。
https://from.sonysonpo.co.jp/topics/pr/2019/11/20191128_01.html
*調査概要
◆調査タイトル :2019年 全国カーライフ実態調査
◆調査対象     :ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする
自家用車を所有し月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女
(10代・20代、30代、40代、50代、男女各125名)
◆調査期間     :2019年10月16日~10月17日
◆調査方法     :インターネット調査
◆調査地域     :全国
◆有効回答数    :1,000サンプル(有効回答から1,000サンプルを抽出)
◆実施機関       :ネットエイジア株式会社
◆調査協力会社 :ネットエイジア株式会社

*利用条件
本記事内の図解/文章とも自由に転載いただくことが可能ですが、下記の利用条件をすべて満たす場合に限ります。なお、当社がふさわしくないと判断した場合は、掲載の中止を求めることがあります。
≪利用条件≫
1 情報の出典元として「ソニー損害保険株式会社」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、ソニー損保の自動車保険トップページへリンクを設置してください。
    https://www.sonysonpo.co.jp/auto/

*調査要約
あおり運転の対策として効果があると思うものは、「ドライブレコーダーを設置する」が73.0%と最も多くなりました。ドライブレコーダーをすでに使用している方がドライブレコーダー選びの際に重視した点は、1位「画質が良い」(50.5%)、2位「夜間でも映像を記録できる」(40.5%)、3位「前後の映像を記録できる」などとなり、さまざまな状況に備えることを意識されているようです。

【あおり運転対策/安全運転支援機能/ドライブレコーダーを選ぶ際に重視する点】
◆あおり運転対策として効果があると思うもの 1位は「ドライブレコーダー設置」
◆安全運転支援機能の搭載率 「ドライブレコーダー」32.1%、「自動ブレーキ」23.5%
◆ドライブレコーダーを選ぶ際に重視する点TOP3は?

全回答者1,000名に、あおり運転の対策として効果があると思うものを聞いたところ、「ドライブレコーダーを設置する」(73.0%)が最も多く、次いで、「車間距離を広く取る」(55.5%)、「余裕のある車線変更を行う」(41.8%)、「無理な割り込みをしない」(41.4%)、「早めにウインカーを出す」(31.5%)となりました。安全運転に気を配ること以上に、ドライブレコーダーを設置することが効果的だと感じている方が多い結果となりました。

続いて、全回答者1,000名に、自分が主に運転している車に安全運転を支援する機能や装置を付けているかどうか聞きました。

搭載率(「すでに付いている」と回答した方の割合)は、【ドライブレコーダー(車両の走行状態や事故状況を録画する装置)】は32.1%、【自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)】は23.5%、【車線逸脱防止支援システム(車両のふらつきや車線からのはみだしをお知らせする機能)】は21.5%、【定速走行・車間距離制御装置/ACC(アダプティブクルーズコントロール)】は16.5%、【死角検知機能(自車の斜め後方など、死角に車がいたらお知らせする機能)】は10.3%、【歩行者用エアバッグ(歩行者と衝突時に作動する、歩行者用の衝撃緩和装置)】は7.9%となりました。提示した選択肢のなかで搭載率が最も高かったのはドライブレコーダーでした。

主に運転している車のボディタイプ別のドライブレコーダーの搭載率は、SUV・クロカンが51.5%で最も高く、セダンは42.9%、ステーションワゴンは40.2%となりました。近場への移動手段として用いられることが多い軽自動車と比べ、遠出・レジャーにも使われる機会の多いボディタイプの車に、ドライブレコーダー搭載率が高いことがわかりました。

昨年の調査結果と比較すると、搭載率は【自動ブレーキ】は3.2ポイントの上昇(2018年20.3%→2019年23.5%)、【ドライブレコーダー】は0.4ポイントの上昇(2018年31.7%→2019年32.1%)と、搭載率は上昇傾向にあります。

では、ドライブレコーダーをすでに使用している方は、選ぶ際にどのような点を重視していたのでしょうか。自分が運転する車にドライブレコーダーを付けている方321名に、ドライブレコーダーを選ぶ際に重視した点を聞いたところ、1位「画質が良い」(50.5%)、2位「夜間でも映像を記録できる」(40.5%)、3位「前後の映像を記録できる」(32.7%)、4位「全方位の映像を記録できる」(27.7%)、5位「信号の色がはっきりと記録できる」(26.2%)となりました。万が一に備えて、画質はもちろん、さまざまな状況に備えることを意識して選んだ方が多いようです。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー損害保険株式会社 >
  3. 2019年 全国カーライフ実態調査(第5弾)~あおり運転対策とドライブレコーダー ドライブレコーダー選びの際に重視する点は? ほか (「2019年 全国カーライフ実態調査」より抜粋)