NVIDIAとGoogle Cloud が業界初の AI-on-5G Labを設立、あらゆる場所で AI の開発を加速

共同のイノベーション ラボを通じて、オンプレミスと Google Cloud で 5G およびAI アプリケーションの構想、テスト、最適化および検証を行うベンダーを支援

2021 年 6 月 28 日、スペイン バルセロナ — Mobile World Congress — NVIDIA は本日、Google Cloud と共同で業界初の AI-on-5G Innovation Labを設立し、ネットワーク インフラストラクチャ企業と AI ソフトウェアのパートナーが、スマート シティ、スマート ファクトリー、ならびにその他の先進的な 5G および AI アプリケーションの構築を加速するためのソリューションを開発、テストおよび導入するのを支援すると発表しました。

このラボは、企業が Google Cloud の Anthos プラットフォームおよび NVIDIA のアクセラレーテッド コンピューティング ハードウェアおよびソフトウェア プラットフォームにアクセスできるようにし、データと AI の活用によって、企業が業績を改善、経営効率を向上、および安全性と信頼性を最適化するのを促進します。両社は、本年の後半より開発を開始する予定です。

NVIDIA の通信事業担当シニアバイスプレジデントであるロニー ヴァシシュタ (Ronnie Vasishta) は、次のように述べています。「企業がエッジで AI-on-5G を導入するうえで、高速で低レイテンシの 5G がまたとない機会を生み出しており、世界の通信業界が変革の時を迎えています。Google Cloud との今回の提携は、ネットワーク事業者とインフラストラクチャ企業が、AI と機械学習を中心とした、新たなプロフィット センターを構想および構築するのを促進するものとなるでしょう」

広がるAI-on-5Gエコシステム
NVIDIA は 4 月に、Google Cloud、富士通、Mavenir、Radisys および Wind River と連携し、NVIDIA の AI-on-5G プラットフォーム向けのソリューションを開発すると発表しています。Google Cloud は Anthos アプリケーション プラットフォームをネットワーク エッジにまで拡張することで、通信サービス プロバイダーとエンタープライズが、5G のエッジで新しいサービスとアプリケーションを迅速に提供できるようにします。

Google Cloud のバイスプレジデント兼ネットワーク担当ジェネラル マネージャーのシェレシュ シュクラ (Shailesh Shukla) 氏は、次のように話しています。「Google Cloud と Anthos アプリケーション プラットフォームにより、多くの垂直市場でサービス プロバイダーおよびエンタープライズは、ネットワーク エッジでシームレスな 5G 接続を確立できるようになります。Google Cloudは、NVIDIA との連携を通じて、共同のイノベーション ラボを設立し、エンタープライズ、通信サービス プロバイダーおよびパートナーがエッジ AI のアプリケーションの開発、テストおよび導入を行うためのインフラストラクチャを構築できるようになることを喜ばしく思います」

Anthos は、各環境をサービス中心の視点で捉えたアプリケーション展開のための一貫性のあるプラットフォームです。このプラットフォームにより、顧客はマネージド Kubernetes を使い、クラウド、オンプレミスおよびネットワーク エッジでエンタープライズグレードのコンテナ化されたアプリケーションをより早く構築および展開できるようになります。

Anthos は NVIDIA GPU アクセラレーテッド サーバーに対応しており、全体で一貫した展開と運用を可能にするとともに、費用のかかるオーバーヘッドを削減し、開発者の生産性を向上させます。このプラットフォームは、アプリケーションとソフトウェアのサプライ チェーンも保護し、AI-on-5G を提供するネットワーク運営者およびエンタープライズにとって重要な意味を持つ、環境を越えてアプリケーションのポリシーを管理するための結果重視のアプローチを採用しています。

NVIDIA のハードウェアおよびソフトウェアを用いた開発
NVIDIA AI-on-5G により、エンタープライズ、モバイル ネットワーク事業者およびクラウドサービス プロバイダーは、ひとつの統合されたプラットフォームで、5G とエッジ AI コンピューティングの両方を処理できるようになります。このプラットフォームは、GPU および DPU、 およびNVIDIAの 「5T for 5G」ソリューションを組み合わせたコンバージド カードである NVIDIA BlueField®-2 A100 、そしてNVIDIA Aerial™ ソフトウェア開発キットを活用しています。これにより、精密な製造ロボット、自動化された搬送車、ドローン、ワイヤレス カメラ、セルフレジ通路う、およびその他数百の革新的なプロジェクトを管理する、高性能な 5G RAN と AI アプリケーションの作成が可能になります。

NVIDIA Aerial SDK は、スマートシティのための AI フレームワークである NVIDIA Metropolis、自律動作マシンのための NVIDIA Isaac™、およびヘルスケア向けの NVIDIA Clara™ とともに、AI-on-5G エコシステムの重要な要素となっており、単一の NVIDIA-Certified System™ で使用することができます。

また、NVIDIA は本日、次世代の Aerial A100 AI-on-5G コンピューティング プラットフォームで、16 基の Arm ベースの CPU コア が NVIDIA BlueField-3 A100 に搭載されると発表しました。その結果、クラウドネイティブの 5G vRAN でエンタープライズ向けのエッジ AI アプリケーションを導入できる自己完結型のコンバージド カードとなり、ワット当たりの性能を向上させるとともに、導入までの時間を短縮します。

これらのソリューションは、AI-on-5G Labでのテストおよび検証に向けて提供される予定です。

エッジからクラウドまでをカバーする、NVIDIAの AI-on-5G データセンター
共通のプラットフォームで多様なアプリケーションを実行できる、最新の 5G インフラストラクチャの構築には、ソフトウェア デファインドの RAN が欠かせません。NVIDIA Aerial は、1 日を通じて変化するネットワーク トラフィックに対応する弾力性を提供し、さらに顧客の動的なニーズに応じてサービスを柔軟に提供することで、最大限の利用率を実現します。

NVIDIA-Certified Systemsを通じて OEM メーカーより供給されている NVIDIA EGX™ プラットフォームは、データが生成されるエッジに AI コンピューティングの機能をもたらします。プラットフォームを拡張し、サーバー メーカーは、 NVIDIA の GPU と DPU を組み合わせて、ハイパーコンバージドなエッジ データセンターを構築することもできます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. NVIDIAとGoogle Cloud が業界初の AI-on-5G Labを設立、あらゆる場所で AI の開発を加速