大澤真幸、島田雅彦、中島岳志、ヤマザキマリの4人が答えを探る。それは狭量で排他的な利己主義なのか? 誰もが持つべき愛郷心なのか? 『別冊NHK100分de名著 ナショナリズム』が8月25日発売。

コロナ禍が世界に広がり、渡航禁止やワクチン開発といった自国優先の気運が露呈したいまこそ、「ナショナリズム」の意味と、私たち日本人が持つべき視座について考えたい。

ナショナリズムの起源や歴史的変遷がわかる作品、近代日本のナショナリズムを考察した作品、日本文学に描かれたナショナリズムの姿……。4人の論客が「ナショナリズムを考えるための一冊」を持ち寄り、その内容と今日的意義を語ります。


かつて「21世紀には滅んでいる」といわれたナショナリズム。ところが世界ではいまでも、自国ファーストや排外主義を唱える人びとがその存在を誇示しています。さらに、コロナ禍が世界中を襲っている2020年には、ロックダウンや渡航禁止、ワクチンや治療薬の開発競争など、その背後に「ナショナリズム」を感じる事象が頻出しています。

大澤真幸氏大澤真幸氏


今年の元旦に放送され、話題となった特別番組「100分deナショナリズム」。4人の論客がナショナリズムを読み解くための入り口となる名著を持ち寄り、ナショナリズムの起源や歴史、日本人のなかにあるナショナリズムの在りようについて議論しました。

島田雅彦氏島田雅彦氏


大澤真幸氏が『想像の共同体』(ベネディクト・アンダーソン著)、島田雅彦氏が『君主論』(マキャベリ著)、中島岳志氏が『昭和維新試論』(橋川文三著)、ヤマザキマリ氏が『方舟さくら丸』(安部公房著)について、その内容と読みどころ、「いまなぜ読むべきなのか」という今日的意義を熱く語りました。

中島岳志氏中島岳志氏


この番組をベースに追加取材をして編んだ本書は、これら4つの作品を通して、ナショナリズムとは何かを明らかにし、「国民・国家」とリアルな「わたし」との関係を考えるきっかけを提示します。

ヤマザキマリ氏ヤマザキマリ氏


■商品情報

タイトル:『別冊100分de名著 ナショナリズム』
著者:大澤真幸(社会学者)、島田雅彦(作家、法政大学教授)、中島岳志(政治学者、東京工業大学教授)、ヤマザキマリ(漫画家)
出版社:NHK出版
発売日:2020年8月25日
定価:900円+税
判型:A5
ページ数:168ページ
ISBN:978-4-14-407257-4
URL:https://www.amazon.co.jp/dp/4144072576/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NHK出版 >
  3. 大澤真幸、島田雅彦、中島岳志、ヤマザキマリの4人が答えを探る。それは狭量で排他的な利己主義なのか? 誰もが持つべき愛郷心なのか? 『別冊NHK100分de名著 ナショナリズム』が8月25日発売。