師匠ビートたけしさんが、大のクルマ好き、つまみ枝豆さんにだけ運転を許した世界に292台しかないポルシェとは?

黒のハットに黒の上下という出で立ちで、純白のポルシェ911から降り立った、タレントのつまみ枝豆さん。実は根っからのクルマ好きで、国産車をはじめメルセデス・ベンツ、フェラーリなどを乗り継いできた。雑誌「ENGINE」7月号(5月26日発売)に登場し、師匠であるビートたけしさんや、愛する奥様とのクルマをめぐるエピソードを披露している。

 「枝豆はクルマ好きなんだから、いいんだよ」。まだ駆け出し芸人だったつまみ枝豆さんが、いきなりBMWベースのスペシャル・モデル、ハルトゲを手に入れた時、非難轟々の周囲に対して、師匠のビートたけしさんだけは、そう言って庇ったと言う。

 ところが、そのハルトゲに一緒に乗って首都高を走っている時、とんでもないトラブルに襲われることに……。そんなエピソードを披露する枝豆さんのクルマ遍歴のなかで、ビートたけしさんは欠かせない存在だ。なぜなら、枝豆さんはたけしさんの運転手をやっていたからである。

 たけしさんが所有していたフラットノーズのポルシェ930ターボはもちろん、なんと世界に292台しかないポルシェの名車中の名車、959も運転することを許されていたという。「あの加速にはシビれました。本当に飛ぶかと思った」と枝豆さん。詳しくは、雑誌「ENGINE」7月号の連載「わが人生のクルマのクルマ。」をご覧あれ。

 

 一方、その雑誌「ENGINE」7月号の巻頭特集は、「最新スポーツ・モデル、イッキ乗り!」。ポルシェ、フェラーリ、アウディ、ルノー、アストン・マーティン、マクラーレン、日産、トヨタ、ホンダ、ランボルギーニ(登場順)のスポーツ・モデルを総ざらい。2座も4座も、2ドアも4ドアも、クーペもオープンもハッチバックもSUVも、そして内燃機関も電気モーターも、いろいろあります。見た目も成り立ちも多種多様、それが今のスポーツ・モデル。こちらもご注目ください!

 

〔タイトル〕ENGINE2021年7月号
〔発売日〕5月26日(水)
〔体裁〕156ページ、A4変型、無線とじ
〔定価〕1200円(本体1091円)
〔URL〕https://engineweb.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 師匠ビートたけしさんが、大のクルマ好き、つまみ枝豆さんにだけ運転を許した世界に292台しかないポルシェとは?