土屋鞄の職人がお届けする、笑顔で思わず寒さを忘れてしまう冬の遊び心。スイカの次は、雪だるま専用のレザーバッグが登場

~冬の風物詩を、溶かさず運ぶためにこだわりぬいた鞄が本日公開~

1965年創業、職人の丁寧な手仕事による鞄づくりを続ける革製品ブランド「土屋鞄製造所」(本社・東京都足立区)は、冬の風物詩を運ぶ「雪だるま専用バッグ」(非売品)を発表いたします。


今年7月、ものづくりを通した「わくわく感」や「ときめき」をお伝えしたいという思いから、読み物コンテンツ「“運ぶ”を楽しむ -THE FUN OF CARRING-」を公式Webサイトにて公開いたしました。第1弾として登場した「スイカ専用バッグ」は、Twitterでは1日に約1万リツイート、約2.8万いいねなどSNSで多くの反響をいただいたほか、海を越えて海外メディアにも掲載されました。
 

今回は第2弾として、冬の風物詩でもある雪だるまを運ぶ「雪だるま専用バッグ」が登場。職人が日々磨き続けている技術や知識を生かした、本気の“遊び心”をお楽しみいただけます。
「18」が雪だるまを表す数字に見えることから、本日2020年12月18日(金)より公開。また、「#旅する雪だるま」と題して、六本木店・渋谷店をはじめ期間限定で各地を巡店いたします。
詳細URL:https://bit.ly/tsuchiya-yukidaruma
 

 

  • 雪だるま専用バッグ|子どもの頃の「運びたい」を実現

子どもの頃に誰もが一度は抱いた「雪だるまを家に持って帰ることができたら」というあこがれ───そんな夢を実現すべく、日頃鞄づくりを担当している職人・松澤は「雪だるま専用バッグ」をつくりました。

メイン素材は、「OTONARANDSEL003」シリーズでも使用している新開発の「防水スムースレザー」を採用。強力な防水剤を革の線維一本一本に浸透させているため、革の表情や質感を保ちつつ防水性を発揮します。
 

 

 

また、内装には保冷素材、ファスナーには止水ファスナーを採用。雪が降りしきる中でも安心して持ち運ぶことができます。レザーの落ち着いたダークグレーが、雪だるまの純白を際立てます。
 

日頃鞄づくりを担当している職人・松澤日頃鞄づくりを担当している職人・松澤

 

  • こだわりポイント1. 曲線的なシルエットや贅沢な金具使いで美しさを追求

美しくなめらかな曲線で、雪だるまを彷彿とさせるデザインに仕立てました。コートなど冬のコーディネートと合わせてももたつかないように、根革は四角い形状を取り入れ、持ち手も程よく厚みをもたせつつ平たくすることでスッキリとした印象に仕上げています。革とトーンを合わせた金具が冬空の下できらりと輝き、雪だるまを運ぶ楽しさを際立てます。

冬のコーディネートでもすっきりとしたデザインに。冬のコーディネートでもすっきりとしたデザインに。

  • こだわりポイント2. 専用の台で、雪だるまのスムーズな出し入れと安全性を確保

球体の雪だるまを運ぶ時はどうしてもぐらついてしまうため、革で仕立てた専用の台を用意しました。台の丸いくぼみが雪だるまのボディを支え、安定して運べます。台の端を引っ張れば、ストレスなくスムーズに雪だるまを出し入れするすることが可能です。

丸いくぼみが雪だるまのボディを支える丸いくぼみが雪だるまのボディを支える

 

  • こだわりポイント3. 鼻や内装、ファスナーも。細部まで雪だるまに配慮
内装には保冷バッグに使用されているポリエステル素材を、ファスナーには、水の染み込まない止水ファスナーを採用しました。いずれも、これまで土屋鞄の製品では取り扱ったことのない素材ですが、溶けてなくなってしまう雪だるまを大切に持ち運ぶため、特別に取り入れました。

 


また、内側のポケットには革製の鼻を収納。金具部分を差し込めば、どこでも好きなところで雪だるまの鼻をつけることができます。
 
  • こだわりポイント4. 美しい光沢感で鞄を上質に魅せるコバ仕上げ
「コバ」とは、革をカットした断面(切り目)のことです。微妙な凹凸や貼り合わせの段差を磨き、滑らかに整えたあと、コバ液という専用の塗料で仕上げます。この「コバ塗り」によって、線維のほつれや割れなどを防ぐことができます。また、美しい光沢感により鞄全体が上質感ある仕上がりに。

通常はパーツごとにコバの仕上げを施しますが、「雪だるま専用バッグ」は、鞄を完成させてからコバ塗りを施しているため、難易度が段違い。職人技が光ります。

「コバ塗り」は重要な仕上げ工程。職人も緊張するシーンだ。「コバ塗り」は重要な仕上げ工程。職人も緊張するシーンだ。

 

  • #旅する雪だるま|革で仕立てた雪だるま専用バッグが、期間限定で各地を巡店

※ 新型コロナウイルス感染症の対策により、スケジュール等変更の可能性がございます。予めご了承ください。


展示店舗① 土屋鞄製造所 六本木店
展示期間 2020年12月18日(金)~2021年1月8日(金)
東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア3階
営業 11:00~20:00 ※当面の間、短縮営業とさせていただいています。
定休日 東京ミッドタウンの休館日に準ずる
電話 03-6804-1186
URL https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_roppongi

展示店舗② 土屋鞄製造所 渋谷店
展示期間 2020年12月21日(月)~2021年1月8日(金)
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア11F
営業 11:00〜21:00 ※当面の間、短縮営業とさせていただいています。
定休日 渋谷スクランブルスクエアの休館日に準ずる
電話  03-6452-6307
URL https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_shibuya

展示店舗③ 土屋鞄製造所 梅田店
展示期間 2021年1月10日(日)~2021年1月31日(日)
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館1F
営業 11:00~21:00 
定休日 グランフロント大阪 ショップ&レストラン休館日に準ずる
電話 06-6467-8313
URL https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_umeda

展示店舗④ 土屋鞄製造所 京都店
展示期間 2021年1月10日(日)~2021年1月31日(日)
京都府京都市中京区堺町通姉小路下ル大阪材木町690-3
営業 11:00~19:00
定休日 毎週火曜日(祝日の場合は水曜休、臨時休業あり)
電話 075-256-8711
URL https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_kyoto

展示店舗⑤ 土屋鞄製造所 名古屋店
展示期間 2021年2月3日(水)~2021年2月28日(日)
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエアB1F
営業 11:00~20:00 
定休日 ミッドランドスクエアの休館日に準ずる
電話 052-589-1250
URL https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_nagoya

展示店舗⑥ 土屋鞄製造所 福岡店
展示期間 2021年2月3日(水)~2021年2月28日(日)
福岡県福岡市中央区今泉1-18-22-1 季離宮アネックス1号室
営業 11:00~19:00
定休日 毎週火曜日(祝日の場合は水曜休、臨時休業あり)
電話 092-791-1563
URL https://tsuchiya-kaban.jp/pages/shop_fukuoka

-----

土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)について
1965年創業、東京でランドセル職人が立ち上げた工房を発祥とする、革製品ブランド。工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店14店舗(国内12、海外2)、ランドセル専門店10店舗、あわせて26店舗を構える。

会社概要
・会社名:株式会社 土屋鞄製造所
・代表取締役社長:土屋成範
・所在地(本社):〒123‐0841 東京都足立区西新井7‐15‐5
・事業内容:オリジナルブランドでの皮革製品を中心としたランドセル、鞄・小物の企画・製作、及び販売。
【URL】 https://tsuchiya-kaban.jp

▼ スタッフが感じた日々の素敵な一瞬をシェアしています。
Facebook https://www.facebook.com/tsuchiyakaban
Instagram https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban
Twitter https://twitter.com/tsuchiya_kaban

お客様お問い合わせ先
電話:0120-907-647(平日10:00~17:00)
メール:support@tsuchiya-kaban.com 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 土屋鞄製造所 >
  3. 土屋鞄の職人がお届けする、笑顔で思わず寒さを忘れてしまう冬の遊び心。スイカの次は、雪だるま専用のレザーバッグが登場