AIを活用したタンパク質解析技術を持つ東工大発ベンチャー企業 aiwell株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

フィットネスブランド「VALX(バルクス)」を展開する株式会社レバレッジ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:只石昌幸、以下レバレッジ)は、次世代のタンパク質網羅的解析技術(AIプロテオミクス)の実用化と社会実装を進めている東工大発ベンチャー認定企業 aiwell株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:馬渕浩幸、以下aiwell)の第三者割当増資を引受け、業務提携契約を締結したことをお知らせします。

■出資の背景
レバレッジは2006年の創業以来、「人間はもっと進化できる」を信念にフィットネス業界で成長を続け、2021年3月期の売上高は前期比362%と大幅に伸長してまいりました。東工大発ベンチャー企業であるaiwell社が持つ「AIを活用したタンパク質の網羅的解析技術」は、当社事業拡大に寄与すると考え、出資させていただくことにいたしました。
今回のaiwell社への出資を通じ、より健康な社会の実現を目指してまいります。

■aiwell社について
aiwellは国立東京工業大学(以下、東工大)発のベンチャー認定企業です。2018年、AIプロテオミクス(タンパク質網羅的解析技術)の実用化を進めるために東工大 生命理工学院 林宣宏研究室と共同研究を開始し、2019年4月には協働研究拠点を東工大の学内に設立しました。現在、当社独自の装置や解析手法を確立したAIプロテオミクスは特許を8件取得(うち申請中特許1件,※1)。医療・製薬業界や、複数の国策研究事業(※2)に向けてサービスを提供しています。

 今後、AIプロテオミクスの社会実装を進めることで、病気や怪我の自覚症状が出る前、そして重篤化をする前にAIの画像判断による診断支援や遠隔診療支援、創薬支援が可能になるPaaS(Protein AI Analsys System)による健康持続社会の実現を目指してまいります。

当社は本増資を契機に「PaaSによる健康持続社会」を実現するべく、AIプロテオミクスに関する研究事業の拡大及び、AIプロテオミクス技術の実用化を更に推し進め、今後も資金調達を進めてまいります。

※1 当社はデータ取得法関連、データ取得装置関連、データ処理関連における、以下8件の特許を申請し取得しております。
 
・データ取得法関連
「等電点電気泳動用ゲル及び等電点電気泳動方法」
出願日:2009年8月4日、登録番号:5513802
他5件 登録番号:5190422,5433341,5190423, 5475358, 5847213
・データ取得装置関連
「電気泳動支持体及び電気泳動装置」
出願日:2016年3月25日、登録番号:6635385
・データ処理関連
「情報処理システムおよびプログラム」
出願日:2019年10月10日、特PCT/JP2020/034061

※2 社会実装研究として、以下の国策研究事業などに採択されています。

・令和3年度JST戦略国際共同研究プログラム(SICORP) e-ASIA共同研究プログラム
・研究成果最適化展開支援プログラム(A-STEP)
・スタートアップ総合支援事業(農林水産省版SBIRプログラム)
・慶應義塾大学病院臨床研究推進センター 異分野融合型研究シーズ

■出資先の概要
会社名 aiwell株式会社
代表者 代表取締役 馬渕 浩幸
設立 2018年1月23日
所在地 東京都千代田区二番町9-3 THE BASE 麹町
会社HP
https://www.aiwelljapan.com
AIプロテオミクス紹介動画
https://www.youtube.com/watch?v=uGXMXDuDV38&t=3s

■第三者割当増資引受会社の概要
会社名 株式会社レバレッジ
代表者 代表取締役 只石 昌幸
設立 2006年5月24日
所在地 東京都渋谷区南平台町16-11 MFPR渋谷南平台ビル2F/3F
事業 メディア事業、D2C事業、フィットネス事業
会社HP
https://www.lev.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レバレッジ >
  3. AIを活用したタンパク質解析技術を持つ東工大発ベンチャー企業 aiwell株式会社との資本業務提携に関するお知らせ