【バレー/Vリーグ】2021-22V.LEAGUE MEN 開幕記者会見を開催!

バレーボール国内最高峰リーグ V.LEAGUE【男子・開幕記者会見】

2021-22 V.LEAGUE 男子大会は、DIVISION1 MEN(以下、「V1男子」)が10月15日(金)に長野、愛知の2会場、DIVISION2 MEN(以下、「V2男子」)が10月30日(土)に北海道(旭川市、苫小牧市)の2会場、DIVISION3 MEN(以下、「V3男子」)が12月4日(土)に東京で開催します。

開幕に先立ち、2021-22 V.LEAGUE出場チームの選手が参加し、今シーズンの意気込みや見どころなどを語る「2021-22 V.LEAGUE 開幕記者会見」を開催しました。時勢を鑑み、オンラインでの開催となりましたが、会見の様子はV.LEAGUE公式動画配信サービス「V.TV」「SPORTSBULL」「Sportsnavi」でLIVE配信され、選手間のトークセッションも行いました。

<OPENING MOVIE>

 

 
【アーカイブ配信情報】
本日10月7日(木)に行われた2021-22 V.LEAGUE開幕記者会見のトークセッションは、V.TV有料会員に加え無料会員もオンデマンド配信を視聴いただけます。10月7日22時より配信開始となりますので、見逃した方やもう1度見たいかたはぜひチェックしてみて下さい!

<視聴方法>
V.TVトップページよりアーカイブ→特典もしくは以下のURLより視聴いただけます。

・2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN 開幕記者会見

 https://vleague.tv/match/archive/2707
・2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 MEN、DIVISION3 MEN 開幕記者会見
 https://vleague.tv/match/archive/2708

【会長挨拶】
日本バレーボールリーグ機構 國分裕之 代表理事会長コメント
「今シーズンも各チームそして各開催会場において感染防止策の徹底を図り、選手や関係者、そして何よりファンの皆さまに安心して観戦いただけるよう運営していく。今シーズンは「つなぐ」「Start to Tomorrow」の2つのキーワードを掲げていきたい。バレーボールはボールをつないでいく競技であり、「コロナ禍で大きな制約を受けてきたファンと選手との交流」を様々な工夫のもと取り戻し、リーグの理念である「ファンファーストなリーグ」を追求していきたい。コロナ禍を乗り越えてのリーグの再スタート、パリへの再スタートのシーズンでもある。今シーズンは東京オリンピックで活躍した各国7名の外国籍選手がVリーグに参戦する。「世界水準」のハイレベルなプレーを堪能いただき、選手にとっても競技力を向上する格好の機会となる。ファンの皆さまを魅了するゲームを展開していきたい。今シーズンも温かい応援をいただきたいと思う。」
 

代表理事会長 國分裕之代表理事会長 國分裕之



【オフィシャルソング発表】
2021-22シーズンのVリーグオフィシャルソングが、ポップグループSHIKURAMEN(シクラメン)によって、2021-22シーズンに向けて新たに書き下ろされた新曲「GetFly」に決定したことが発表されました。
さらに、SHIKURAMENの皆さんがゲスト出演し、会見MCの大林素子さん、選手とのトークセッションも行いました。

SHIKURAMENSHIKURAMEN


※重大告知※V1男子オールスター開催!!
会見の場で、2021-22シーズンのV1男子オールスターゲームが2年越しに開催されることを発表!!10月15日(金)よりVアプリにてファン投票を実施予定です。詳細は続報をお待ち下さい。
【大会名】2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MEN ALL STAR GAME 
【開催日】2021年12月25日(土)
【会場】 所沢市民体育館(埼玉県所沢市)


【選手コメント(V1男子抜粋)】
チームごとにファンの皆さまからの質問をもとに、オンラインでのトークセッションを行いました!

◆サントリーサンバーズ
大宅:「昨シーズンは優勝ができたので、今シーズンは2連覇に挑戦できる幸せを感じながら、チーム一丸となってまた戦っていきたい。」

◆パナソニックパンサーズ
清水:「1ヵ月半~2ヵ月近く入念にリハビリを行ってきた中で、Vリーグに間に合うように調整をしている。ひざ(の怪我)とも付き合いながらVリーグでは去年以上のパフォーマンスを上げられるように頑張っていきたい。」
山内:「ここ数年決勝の舞台に立ててはいるが、優勝を逃してきたので今年こそは優勝したいと思っている。」

◆ウルフドッグス名古屋
高梨:「昨シーズン3位で終わったのでそれを上回るように今シーズンも頑張っていく。オリンピックでは緊張したが大舞台でやれたことは今後の成長につながるのではないかと思う。」 

◆ジェイテクトSTINGS
本間:「今シーズンはフェデリコ新監督のもといい準備ができている。サーブとディフェンスを特に武器にして戦っていきたいので、今シーズンも熱い応援をお願いします。」

◆東レアローズ
藤井:「オリンピックという貴重な舞台で経験したことをチームに少しでも還元できるようにキャプテンとしても頑張っていきたい。一人一人の力もしっかりしているのでみんなの力を合わせて優勝目指して頑張る。」
李:「今シーズンはディグの練習を多くしてきたので、粘り強いバレーボールができるよう頑張っていきたい。(オリンピックでは)すごい経験をさせていただいたので、それを東レアローズでも力を発揮できるよう頑張る。」

◆JTサンダーズ広島
小野寺:「今シーズンはメンバーがガラッと変わったので、そこに注目していただきたい。世界と肩を並べるような得点力、スパイク、ブロックそしてサーブをVリーグでレベルアップできるように意識して取り組みたい。」

◆堺ブレイザーズ
山本:「オリンピックでは、1点の重みというものを強く感じたので、普段の練習でも意識していかなければならないと感じた。そこで得たものを堺に浸透させて少しでもチームが勝てるよう努力していきたい。」
出耒田:「今シーズンこそは優勝という思いで夏場に厳しい練習を行ってきたので、Vリーグで良い結果を出せるように頑張っていきたい。」

◆FC東京
栗山:「平均身長が高くないチームなのでつなぎやレシーブなど、粘り強いバレーを展開していきたい。外国籍選手やアジア枠の選手も加わり攻撃力が高まったことで手ごたえを感じている。」 

◆VC長野トライデンツ
河東: 「昨シーズンは新人選手として1年間戦わせていただいたが、フルセットで勝てない悔しい試合が多かったので、その悔しさを個人個人出して練習してきたので、そこを見ていただきたい。」
椿:「退団選手が4人出た中でさらにチーム全体として個々がしっかりするようになって楽しみなシーズンになると思う。」

◆大分三好ヴァイセアドラー
久保田:「昨シーズンの弱点だったディフェンスを強化し、チームの目標であるベスト8を目指す。キャプテンとしてみんなに良い指示を出せるようにやっていきたい。」

2021-22シーズンは10月15日(金)に開幕し、V・レギュラーラウンドを2022年3月27日(日)まで行い、2022年4月9日(土)~17日(日)にV・ファイナルステージを迎えます。
各地での熱い戦いを、ぜひ会場またはテレビやV.TVでご覧ください!

V2男子&V3男子の会見の模様は、V.TVアーカイブ配信をご覧ください。
 

V1男子 集合写真V1男子 集合写真

V2、V3男子 集合写真V2、V3男子 集合写真


【開幕記者会見概要(10/7:V1男子・V2男子&V3男子)】

■日時
V1男子:     2021年10月7日(木)12:00~13:20
V2男子&V3男子:2021年10月7日(木)14:00~14:45

■配信スケジュール
12時00分 会長挨拶、2021-22 V.LEAGUE 開催概要について
12時20分 V1男子トークセッション(~13時20分)
14時00分 V2男子+V3男子トークセッション(~14時45分)
                       
■出席者
一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 代表理事会長 國分 裕之
一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 理事 大林 素子
各チーム代表選手
SHIKURAMEN

<V1男子>


<V2男子>


<V3男子>

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Vリーグ機構 >
  3. 【バレー/Vリーグ】2021-22V.LEAGUE MEN 開幕記者会見を開催!