テラドローン、最新型レーザードローン「Terra Lidar One」の発売を開始

導入講習から自社運用まで一気通貫したサポートを、通常価格900万円台でご提供

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹、以下 テラドローン)は、UAVレーザーである新型レーザドローン Terra Lidar One の発売を開始いたしましたことをご報告させて頂きます。

(左:Terra Lidar、右:Terra Lidar One)(左:Terra Lidar、右:Terra Lidar One)

■レーザードローンとは
テラドローンはレーザードローンを用いた建設業界のデジタル化を進めております。レーザードローンを導入することで、植生下も含む広範囲な地域の測量を低価格で実施することが可能となります。

■従来のレーザードローン
一方、フライト計画の作成ミスによる衝突リスク、機体や解析ソフトを含めて1000万円以上の初期投資、大きな機材を運用する手間などが問題となっていました。

■Terra Lidar One(新型モデル)
テラドローンはこれらの問題を踏まえ、6方向の検知機能を搭載しコンパクトな折り畳みが可能なMatrice300RTKに機体を変更、フライト高度も70m以上に向上させ、フライト速度も3m/秒から10m/秒に速くなりました。対地高度・フライト速度の上昇によって、より効率的な計測が可能となり、1時間あたり50haの計測が実現されます。

また、解析サービスも含めて996万円に価格を抑えることで、初期費用の回収リスクを最小限に抑えております。クラウド上で解析から公共測量の帳票作成まで可能なワンストップソリューションとなっております。

 


テラドローンは、安心・安全な現場運営のために、合計2日間にわたる座学・実践トレーニングまで含む導入講習を実施しております。また、導入後も技術員による継続的なサポートを提供しております。

建設業界において、従事者の高齢化・人手不足による労働力低下や、インフラの老朽化などが問題となっております。テラドローンはドローンによるレーザー測量の導入を推進していくことで、建設業界の課題解決に取り組んでまいります。

■テラドローン株式会社
2016年に創業。東京本社含め、全国に拠点を構え、海外においても欧州・東南アジアを中 心に事業展開する、世界最大の産業用ドローンソリューションプロバイダー。 世界的なドローン市場調査機関のDrone Industry Insightsによる「ドローンサービス企業 世 界ランキング2020」において、産業用ドローンサービス企業として「世界1位」に選ばれ、 2021年2月にシリーズAで15.1億円を調達した。 

測量分野では、大手ゼネコン・建設コンサルからの案件を中心に、世界でもトップクラスとな る1,500件以上のドローン測量実績がある。現在、国内導入実績No.1の「Terra Lidar (特許取得済)」の新型モデル「Terra Lidar One」を発売予定。
点検分野では、INPEXと事業構想「INPEX‐Terra Drone Intelligent Drone構想」を立ち 上げ、DXを推進している。また、同業界向けに特許取得済みのUT(超音波探傷検査)ドロー ンを用いた検査技術も導入している。 
運航管理分野では、JAL、KDDI等と共同でドローン社会の実現において必須の運航管理プ ラットフォームである「Terra UTM」の開発を行っている。 


■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社 
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テラドローン株式会社 >
  3. テラドローン、最新型レーザードローン「Terra Lidar One」の発売を開始