グンゼ博物苑 「未来蔵」 6月22日にリニューアルオープン -社会見学やSDGsの企業研究など幅広い世代が楽しめる施設に-

 グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)の創業の地、京都府綾部市にあるグンゼ博物苑の「未来蔵」が、6月22日にリニューアルオープンします。
 今回のリニューアルにより未来蔵に展示していた開発中の製品などを一新、祖業の生糸事業から繊維加工技術の進化を経てプラスチック事業、そしてメディカル事業へ参入した経緯がひと目で分かる“History and Roadmap of Innovation”を展開するほか、メディカル事業を紹介する等身大のボディスキャナなど体験型のコンテンツを新たに導入しました。小学校の社会見学やSDGs(持続可能な開発目標)の企業研究など、幅広い世代に当社の未来を知っていただき、楽しめる施設を目指します。

 

リニューアルしたグンゼ博物苑「未来蔵」リニューアルしたグンゼ博物苑「未来蔵」

創業から現在までの当社の加工技術の進化を知ることができる“History and Roadmap of Innovation”創業から現在までの当社の加工技術の進化を知ることができる“History and Roadmap of Innovation”


■「未来蔵」の主な展示内容
【History and Roadmap of Innovation】
 縦1.5メートル、横5メートルのパネル“History and Roadmap of Innovation”では、当社が1896年の創業から現在に至る長い歴史の中で常にさまざまなチャレンジを重ね、培ってきた加工技術や事業、そこから生まれた製品を紹介。生糸からメディカル分野に派生していく経緯を示すとともに、これからも未来に向かって歩み続ける当社の道のりを紹介します。

“History and Roadmap of Innovation”“History and Roadmap of Innovation”


【ボディスキャナ】
 等身大のボディスキャナ。身体の部位にタッチすると、当社のメディカル製品である吸収性組織補強材、吸収性骨接合材、人工硬膜をはじめQOL研究所で開発中の製品の仕組みや使用用途が画面に映し出されます。

 

ボディスキャナボディスキャナ

 

 

 


【ボディマップ】 
 当社のメディカル製品である吸収性縫合糸、人工真皮の使用過程をシミュレーション体験できるブース。

 


■グンゼ博物苑とリニューアルについて
 グンゼ博物苑は、1996年に創立100周年を記念し、大正時代に繭蔵として使用していたものを改装、当社で使用していた歴史的な機械・資料などを一堂に集めた産業技術史の資料館としてスタートしました。110、120周年には当時の事業に沿って全館の展示を見直し、来苑者に向けて新鮮な情報や驚きを提供できるよう努めています。

【リニューアルの変遷】
100周年の1996年8月にグンゼ博物苑が開苑した後、110、120周年にリニューアルを実施しました。今回は3回目のリニューアルとなります(未来蔵のみ)。

■グンゼ博物苑の来苑者推移について
 あやべグンゼスクエア内のグンゼ博物苑の来苑者は、バラまつりが開催される時期に増える傾向にあり、昨年度(2018年4月1日~2019年3月31日)は過去最高の27,238人(対前年比126.9%)を記録しました。
 なお、2019年5月の来苑者数は1カ月としては過去最高の11,785人で、記録を大幅に更新しました。(参考:過去の来苑者記録2018年5月の5,079人)
 

グンゼ博物苑入苑者数推移(2014~2018年度)グンゼ博物苑入苑者数推移(2014~2018年度)

グンゼ博物苑

所在地:〒623-0011 京都府綾部市青野町 「あやべグンゼスクエア」内
開館時間:10:00~16:00
休苑日:火曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始
入苑料:無料
URL:https://www.gunze.co.jp/gunzehakubutu/


以 上
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グンゼ株式会社 >
  3. グンゼ博物苑 「未来蔵」 6月22日にリニューアルオープン -社会見学やSDGsの企業研究など幅広い世代が楽しめる施設に-