著者累計20万部!ブライダル業界Xプロ司会者がビジネスにも効く「気配り」を伝授 鹿島しのぶ著『さりげない「気のつかい方」がうまい人 50のルール』1/9発売

気持ちを丁寧に表せば、好かれる!信頼される!「また会いたい」と思われる!

株式会社大和書房(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 靖)は『さりげない「気のつかい方」がうまい人 50のルール』(鹿島しのぶ著)を2021年1月9日に発売いたします。
  • 「気づかい」「気配り」は才能ではない!
 なぜか好感を持たれる人、なぜか敬遠される人……その分かれ目はどこにあるのでしょう
か。実は、人間関係は「ちょっとしたこと」で驚くほど変わります!


本書は、長年ブライダル業界でプロ司会者として活躍する著者が、実際に目にしてきた接客のプロたちのエピソードをまじえながら、誰からも「気がきく!」といわれる話し方、聞き方、接し方のコツを紹介します。

●挨拶だけは「空気を読まなくていい」
●「お持ちしましょうか?」よりも「お持ちします」
●相手に「教えてもらう」のも気づかいの一つ
●今の3倍、相手を「ヨイショ」
●周囲に差をつける「2度目のお礼」
●相手に寄り添う「+αの一言」の伝え方  ……etc.

今すぐできて「簡単」、しかも、あらゆる場面で「役に立つ」!
心がつながる一言、相手を喜ばせる表現――など、より素敵なコミュニケーションのコツがわかる本。
 

 

目 次
1章 気くばりは先手必勝――先にアクションを起こす
2章 相手の「感情」に寄り添い、スマートに気づかう――「この人はわかってくれている」と印象づける
3章 あっという間に心が通う「雑談」のコツ――相手に「気持ちよくなってもらう」には
4章 相手の「表情」を読み、一歩先行く心くばりを――うまくいく人は知っている、「会話と人間心理」の法則
5章 相手の「信頼」を勝ち取る――こんな場面こそ、「心をつかむ」チャンスになる

著者略歴
鹿島しのぶ
白百合女子大学文学部英語英文学科卒業後、会社員を経てプロの司会者として活動を開始。(株)総合会話術仟言流の代表を務め、ブライダルプランナーの役割も兼ね備えたプロ司会者の育成にも力を注いでいる。また、2017年まで駿台トラベル&ホテル専門学校ブライダル学科長を務め、ブライダル関連、接遇会話、ビジネスマナーの授業を担当した。著書に『「また会いたい」と思われる人』『「品がいい」と言われる人』(以上、三笠書房))、『敬語「そのまま使える」ハンドブック』(三笠書房《知的生きかた文庫》)などがある。

書籍概要
書名:さりげない「気のつかい方」がうまい人 50のルール
著者:鹿島しのぶ
出版年月日:2021/01/9
ISBN:9784479308485
判型・ページ数:文庫・224ページ
定価:本体700円+税
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b548890.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大和書房 >
  3. 著者累計20万部!ブライダル業界Xプロ司会者がビジネスにも効く「気配り」を伝授 鹿島しのぶ著『さりげない「気のつかい方」がうまい人 50のルール』1/9発売