女優・南沙良(みなみ・さら/18)、今大注目のアーティスト・Vaundy(バウンディ)の、2021年の第1弾配信シングルとなる「融解sink」のミュージックビデオに抜擢!!

現実と夢を行き来するような、幻想的な美しい世界観で彩られた楽曲


弊社に所属する、女優でモデルの南沙良(みなみ・さら/18)が、今大注目のアーティスト・Vaundy(バウンディ)の、2021年の第1弾配信シングルとなる「融解sink」ミュージックビデオに出演することが決定しました。

今作は、CM、MV、ShortFilmを中心に活動する横堀光範(よこぼり・みつのり)さんが監督を務め、実写とCGを駆使し、制作されております。

Vaundyは、作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースする、現役大学生20歳のマルチアーティスト。2019年春頃からYoutubeに楽曲を投稿し始め、活動を開始。「東京フラッシュ」「不可幸力」など、耳に残るメロディーに幅広いジャンルの楽曲を発表すると瞬く間にSNSで話題に。現在YouTube、サブスクリプション トータル3億回再生を突破している、注目のアーティストです。

南沙良は、2002年生まれの18歳。初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年7月公開)で、報知映画賞、ブルーリボン賞他、数々の映画賞を受賞。本年度は、現在放送中の土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』(NHK)に出演するだけでなく、3月5日公開の映画『太陽は動かない』(21/羽住英一郎監督)、4月2日全国公開の映画『ゾッキ』(21/竹中直人監督・山田孝之監督・齊藤工監督)、4月15日よりNetflixにて全世界同時配信のNetflix映画『彼女』(21/廣木隆一監督)、2022年放送の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK/三谷幸喜脚本)への出演も控える、今大注目の若手女優です。

耳を捕らえ一聴で癖になる天性の声と、破格の才能を感じさせるジャンルに囚われない幅広い楽曲センスで、 ティーンを中心にファンダムを急速に拡大中のVaundy。
そして、18歳ながらも、初主演映画で映画賞4冠を受賞し、本年度も、映画やドラマ、Netflix、大河ドラマなど、多数の注目作を控える、南沙良。

現実と夢を行き来するような、幻想的な美しい世界観で彩られた楽曲を、是非ご覧ください。

Vaundy「融解sink」 Music Video YouTube
https://youtu.be/B383PElQMHo
 


<南沙良本人コメント>
以前からVaundyさんの楽曲をよく聴いていたので、お話を頂いた時は大興奮と緊張でフリーズしました。水中での撮影は初めてでとても新鮮で、また、カルチャーという共通言語での話題では、沢山の刺激を受けました。完成したミュージックビデオを観た時は、美しい映像と世界観に引き込まれ、歌詞と歌声とリズム、そして視覚の融解がしっくり馴染む感覚でした。是非一度御覧頂ければと思います。

<横堀光範監督コメント>
僕たちの生活の中にはたくさんの痛みや悲しみ、苦しみがあります。
「融解sink」を聴いた時、それらを全部包み込んでくれて、世界にはまだ知らないたくさんの可能性があるんだよと、教えてくれる様な深い優しさを感じました。
そんな深い優しさを、美しく映像にしたいと思いました。
たくさんの方にこの音楽と映像が届いたら幸せです。


■南沙良

©岩澤高雄(The VOICE MANAGEMENT)

女優、モデル。2002年6月11日生まれ。映画『幼な子われらに生まれ』(2017年8月公開)で女優デビュー。初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年7月公開)で、報知映画賞、ブルーリボン賞他、数々の映画賞を受賞し、その演技力が高く評価される。2020年は、アーティスト・sumikaの新曲「エンドロール」のショートフィルムで主演を務め、その後も、ドラマ『ピンぼけの家族』(BSプレミアム)でヒロイン、映画『もみの家』で主演、ドラマ『これっきりサマー』(NHK)で主演、特集ドラマ『うつ病九段』(BSプレミアム)に出演する。本年度は、2月6日放送スタート[全4回]の土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』(NHK)、3月5日公開の映画『太陽は動かない』(21/羽住英一郎監督)、4月2日全国公開の映画『ゾッキ』(21/竹中直人監督・山田孝之監督・齊藤工監督)、4月15日よりNetflixにて全世界同時配信のNetflix映画『彼女』(21/廣木隆一監督)への出演を控え、2022年放送の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK/三谷幸喜脚本)への出演も控える。江崎グリコ「ポッキー」イメージキャラクター。

公式Instagram:https://www.instagram.com/lespros_sara00/ (アカウント名:@lespros_sara00)
公式Twitter:https://twitter.com/lespros_sara (アカウント名:@lespros_sara)

■Vaundy


Vaundy(バウンディ)。現役大学生 20歳。
作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースするマルチアーティスト。
2019年春頃からYoutubeに楽曲を投稿し始め活動を開始。(現在YouTube、サブスクリプション トータル3億回再生突破)
「東京フラッシュ」「不可幸力」など、耳に残るメロディーに幅広いジャンルの楽曲を発表すると瞬く間にSNSで話題に。
初のワンマンライブ 1st One man live “大人間前夜”のチケットは瞬く間にソールドアウト。(8月30日に無観客ライブ配信を実施)
10月10日にはZepp Hanedaにて、2nd one man live “strobo”を有観客ライブとして開催、同時にライブ生配信も行い、高い歌唱力とパフォーマンスで、SNSでも話題に。
5月27日には1stアルバム「strobo」をリリース。FODドラマ「東京ラブストーリー」主題歌「灯火」、テレビ東京 ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」オープニングテーマ「Bye by me」、Spotify Premium 全国地上波テレビCM「Spotify Town」編 CMソング「不可幸力」を含む全11曲を収録。
11月3日には、初のLPとなる「strobo+」をリリース。
世界的ポップスターLAUV(ラウヴ)サイドからオファーを受けグローバルリミックスアルバムに参加、「Modern Loneliness(Vaundy Remix)」をリリース。インターネット上で全世界に向けて積極的に音楽を発信し続ける2組のグローバルなコラボレーションが話題に。また世界的なカルチャーサイトNowness ピックアップ作品として、「不可幸力/Fukakouryoku(Global Dance Video)」が全世界配信開始、本作はセルヴィア人監督をはじめ、アメリカ、フランス、イギリス、日本等、グローバルチームで制作され、国内外での活動も積極的に行っている。
日本テレビ「バズリズム 0 2」“これがバズるぞ ! 2 0 2 1 ” 1 位、LINE MUSIC ソングチャート及びアルバムチャート 1位、Billboard JAPAN新人チャート1位、shazamチャート1位を取得するなど、あらゆるチャートを席巻中。
耳を捕らえ一聴で癖になる天性の声と、破格の才能を感じさせるジャンルに囚われない幅広い楽曲センスで、 ティーンを中心にファンダムを急速に拡大中。

OFFICAL HP:https://vaundy.jp
OFFICAL Twitter:https://twitter.com/vaundy_engawa
OFFICAL Instagram:https://www.instagram.com/vaundy_engawa/


<会社概要>
社名:株式会社レプロエンタテインメント
公式HP:https://www.lespros.co.jp/
お問い合わせ先:https://www.lespros.co.jp/contact/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レプロエンタテインメント >
  3. 女優・南沙良(みなみ・さら/18)、今大注目のアーティスト・Vaundy(バウンディ)の、2021年の第1弾配信シングルとなる「融解sink」のミュージックビデオに抜擢!!