長崎市と長崎国際観光コンベンション協会が運営する長崎市公式観光サイト「travel nagasaki」がKARTEを採用

「観光案内所」のようにサイト来訪者に最適な観光プランを提案、西九州新幹線開業で注目度の高まる長崎観光をウェブ接客で支援

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太)の提供するCXプラットフォームKARTEが、長崎市と長崎国際観光コンベンション協会が運営する長崎市公式観光サイト「travel nagasaki」( https://www.at-nagasaki.jp/ )に採用されました。「travel nagasaki」に来訪したユーザーの興味関心や旅の計画に合わせた情報を個別に届けることで観光意欲を促進し、長崎観光が充実するような支援を展開していきます。

「travel nagasaki」に来訪したユーザーに合わせて最適な観光プランを提案、「観光案内所」のようなおもてなしをサイト上で実現

「travel nagasaki」を来訪するユーザーは、長崎観光を計画中の人や今実際に長崎を訪れている人、家族旅行や一人旅、あるいは企業の研修旅行を検討している人、長崎県内在住、県外在住など様々です。今回CXプラットフォーム「KARTE」を採用したことで、訪問回数や視聴コンテンツに沿った観光プランを提案するのはもちろん、来訪するユーザーの様々な目的をサイト上に設定した簡易質問から導き出し、ユーザー一人ひとりに合わせた最適な旅や観光の情報を届けることが可能になりました。サイト上の会員登録も促進し、季節やシーンに合わせて長崎観光をリピートしてもらえるような施策も展開していきます。

 


KARTEを活用した施策イメージ「travel nagasaki」を運営する一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会 からのコメント

観光を盛り上げるためのマーケティング活動は、イベント開催や広告など単発施策になりがちです。「travel nagasaki」ではサイト上から長崎の魅力を発信すると同時に継続的なファンを育成することを目指しており、そのためには観光案内所のようなユーザーに寄り添ったコミュニケーションをサイト上でも実現したいと考えて今回KARTEを導入しました。観光前も観光中も観光後も「travel nagasaki」が良き接点となることで 、「長崎楽しそう」「また行きたいな」というユーザーを一人でも多く増やしていきたいと考えています。

長崎市公式観光サイト「travel nagasaki」について

「travel nagasaki」は、長崎市と(一社)長崎国際観光コンベンション協会(DMO NAGASAKI)が運営する長崎市公式観光サイトです。山と海に囲まれた長崎ならではの風景や暮らし、2つの世界遺産、夜景、歴史、平和など長崎の魅力を、スポット・特集・グルメ・体験・おみやげ・モデルコース・イベント・宿泊予約・交通アクセスなどに編集し、閲覧者に役立つ情報として発信するものです。

一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会(DMO NAGASAKI) について

長崎国際観光コンベンション協会(DMO NAGASAKI)は、観光・交流まちづくりの舵取り役として、「訪問客の満足度向上・消費拡大」、「事業者のビジネスチャンス拡大・収益向上」、「市民の満足度向上」を継続的に実現することを目的に、マーケティングの力を使った新たな価値の創造に取り組んでいます。

名称 :一般社団法人 長崎国際観光コンベンション協会
所在地 :長崎県長崎市出島町1-1出島ワーフ2階
代表者 : 村木 昭一郎(野母商船(株)代表取締役社長)
設立 : 平成24年4月1日
事業内容:観光資源の保護開発の促進、 観光及びコンベンション事業の調査研究並びに情報の収集伝達
URL :https://nagasaki-visit.or.jp/


CXプラットフォーム「KARTE」について

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用するお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。高い拡張性を備えており、オンサイトに限らず様々なシーンでのマーケティング課題やニーズに合わせた活用が可能です。KARTEは、あらゆるデータを個客軸で統合・解析することで圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

株式会社プレイドについて

当社は「データによって人の価値を最大化する」をミッションに掲げるテクノロジーカンパニーです。2015年にCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の正式提供を開始しました。2018年にはスマートフォンアプリ向けの「KARTE for App」と、顧客に関わるあらゆるデータをKARTEと繋ぐ「KARTE Datahub」の提供を開始しています。

名称 :株式会社プレイド
所在地 :東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 10F
代表者 :代表取締役CEO 倉橋健太
設立 :2011年10月
事業内容:CXプラットフォーム「KARTE」の開発・運営等
URL :https://plaid.co.jp/
主要サービス:CXプラットフォーム「KARTE」

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プレイド >
  3. 長崎市と長崎国際観光コンベンション協会が運営する長崎市公式観光サイト「travel nagasaki」がKARTEを採用