Unity取締役会はironSource買収へのコミットメントを再確認し、AppLovinからの一方的な買収提案を拒否

ironSourceは、株主の皆様に多大な利益をもたらし、統合会社の価値創造を促進することが期待されます。Unity取締役会、AppLovinの提案がironSourceとのUnityの契約より優れた提案になることは合理的に期待できないとの判断を下しました。

リアルタイム3Dプラットフォームで世界をリードするユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:堀田徹哉、以下 当社)は、親会社であるUnityは、外部の財務および法務アドバイザーの協力を得て、AppLovinからの一方的な買収提案(Unsolicited Proposal)について徹底した財務および戦略評価を行い、この提案が、UnityがironSourceとの合併契約に定める「優れた提案」に該当せず、Unity の株主にとって最善の利益にならないと全会一致で判断したことを発表しました。Unity取締役会は、Unityの株主に対して、先に発表されたironSourceの取引に賛成票を投じることを再確認し、AppLovinの一方的な提案に反対することを推奨します。Unity取締役会は、長期的で持続可能な価値創造の推進に焦点を当て、Unityの株主のために行動することを約束します。

 

Unity 社長兼最高経営責任者(CEO)のJohn Riccitiello は、次のように述べています。「取締役会は、ironSourceとの取引は説得力があり、クリエイターがライブゲームとリアルタイム3Dコンテンツをシームレスに開発、公開、運営、収益化、成長させることができる独自のエンドツーエンド・プラットフォームの構築を通じて、長期的価値を生み出す機会になると信じ続けています。私たちは、UnityとironSourceの契約と、それが当社の株主とUnityのクリエイターにもたらす大きな利益に対して、引き続き尽力し、熱意をもって取り組んでいきます」

 

ironSourceの買収は、Unityの株主にとって素晴らしい価値創造の機会を提供するものです。

  • UnityとironSourceを組み合わせることで、ライブゲームやリアルタイム3Dコンテンツの構築、運営、管理、成長、収益化をライフサイクルに渡って行うクリエイターの成功を後押しする業界初のエンドツーエンド・プラットフォームが形成されます。この取引により、Unityゲームエンジンおよびエディタ、Unity Ads、その他のUnity Gaming Services(UGS)、ironSourceのクラス最高の仲介および配信プラットフォームが統合され、顧客にとってより良い経済的成果がもたらされることになります。
  • 統合会社は2024年末までに調整後EBITDAで10億ドルのランレートを生み出し、3年目までに年間3億ドルのEBITDAシナジーを生み出すと予想されます。
  • この合併に関連して、Unity取締役会は、合併の完了時に発効する24ヶ月間、最大25億米ドルの自社株買いプログラムを承認しています。
  • Unityの2大株主であるSilver LakeとSequoiaは、クロージング時にUnityから総額10億ドルの転換社債を購入することを完全に約束しており、合併による価値創造の可能性を確信していることが伺えます。

Goldman Sachs & Co. LLCおよびMorgan StanleyがUnityの財務アドバイザーを務め、Morrison & Foerster、Richard Layton & FingerおよびHerzog, Fox & Neemanが法務アドバイザーを務めています。

 

※本プレスリリースは、弊社親会社の英文プレスリリースを一部翻訳したものです。英文プレスリリースは以下のURLです。
https://investors.unity.com/news/news-details/2022/Unity-Board-of-Directors-Reaffirms-Commitment-to-ironSource-Transaction-and-Rejects-Unsolicited-Proposal-from-AppLovin/default.aspx

 

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社について
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、リアルタイム3D(RT3D)コンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。Unityのプラットフォームは、携帯電話、タブレット、PC、コンソールゲーム機、VR・ARデバイス向けのインタラクティブなリアルタイム2Dおよび3Dコンテンツを作成、実行、収益化するための包括的なソフトウェアソリューションを提供しています。1,800人以上在籍するUnityのR&Dチームは、外部パートナーと協力して最新リリースやプラットフォームのために最適化されたサポートを保証することで、Unityをコンテンツ制作の最先端であるようにし続けています。Unityのクリエイターが開発したアプリは、2020年で月50億回以上ダウンロードされました。

※Unityおよび関連の製品名はUnity Technologiesまたはその子会社の商標です。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 >
  3. Unity取締役会はironSource買収へのコミットメントを再確認し、AppLovinからの一方的な買収提案を拒否