【国立科学博物館】「かはくVR」バージョンアップ!! ~ もっと「おうちで体験!かはくVR」を楽しんで頂くために解説を追加 ~

 国立科学博物館(館長:林 良博)は、国立科学博物館のHP上で公開している「おうちで体験!かはくVR」に日本語解説と英語解説を加え、3月16日(火)正午に公開いたします。

日本語版 https://www.kahaku.go.jp/VR/ 
英語版  https://www.kahaku.go.jp/english/VR/ 
日本語版にはご質問の多い展示物を中心に33点の解説を追加しました。国立科学博物館はコロナ禍の中、2020年6月1日から営業を再開しましたが、2021年3月現在も入館予約制とし、入場者数を制限しています。

今後も入館予約制は続く見込みであり、「国立科学博物館には行きたいけど、コロナ禍が落ち着くまでは行けない」という声も見受けられます。そのため、公開から現在まで約124万ビューを獲得している「おうちで体験!かはくVR」をバージョンアップし、もっと「おうちで体験!かはくVR」を楽しんで頂くために解説を追加しました。
 

 


日本語版には来館者から質問が多い展示物を中心に33点の解説を追加しました。
 

 

日本館(日本語解説)©VR革新機構 提供:国立科学博物館日本館(日本語解説)©VR革新機構 提供:国立科学博物館

 

 

 

 

地球館(日本語解説)©VR革新機構 提供:国立科学博物館地球館(日本語解説)©VR革新機構 提供:国立科学博物館


英語版は実際に英語圏からの留学生等にご協力頂き、解説が欲しい展示物についてアンケートを取り、優先順位をつけて解説を50点追加しました。
 

 

日本館(英語解説版)©VR革新機構 提供:国立科学博物館日本館(英語解説版)©VR革新機構 提供:国立科学博物館

地球館(英語解説版)©VR革新機構 提供:国立科学博物館地球館(英語解説版)©VR革新機構 提供:国立科学博物館


※     「おうちで体験!かはくVR」とは
2020年4月24日から国立科学博物館のHPで公開している、PC・タブレット・スマホなどで国立科学博物館の常設展示のほとんどが3Dビューで閲覧できるオンラインコンテンツ。VRメガネやVRゴーグルを用意して、VRモードに切り替えれば3Dビューよりも没入感のあるVR映像を楽しむことができます。

  「いつでも、どこでも、どこからでも楽しめる博物館」を目指して、今後もオンラインコンテンツを充実させてまいります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 【国立科学博物館】「かはくVR」バージョンアップ!! ~ もっと「おうちで体験!かはくVR」を楽しんで頂くために解説を追加 ~