原石からお手元に届くまでの道のりを追う新システム「ダイヤモンドジャーニー」2019年7月より「エクセルコダイヤモンド」が世界初導入

ダイヤモンドの輝きを数値、実映像で確認できる評価システム「サリネ・ライト」のバリューが拡大。

株式会社ニューアート・シーマ(本社:東京都中央区 代表取締役:白石哲也)が有するダイヤモンドブランド 「エクセルコ ダイヤモンド」が、イスラエルのサリネテクノロジー社®が開発したダイヤモンドの原石の状態から確認できるシステムを2019年7月から世界で初めて採用いたします。

 

 

 

今回採用するシステムは、2013年から採用しているダイヤモンドの輝きを科学的に分析するシステム「サリネ・ライト」をさらにグレード アップさせ“ダイヤモンドジャーニー”すべてを確認できるようにするものです。輝きの分析だけでなく、このダイヤモンドがどんな形をした原石だったのか、そこからどうカッティングされたのかまでが網羅され、カッティング前の情報までもご覧いただけるようになります。
このダイヤモンドがお客様に出会うまでの長い道のりをご自身の目で辿ることを可能にし、ご購入時には原石の 3D模型を記念にお渡しすることで、神秘的な地球からの贈り物であると感じていただきたいと考えます。

 

*写真内のカード、画面はイメージです。実物とデザインが異なることがございます。*写真内のカード、画面はイメージです。実物とデザインが異なることがございます。

ダイヤモンドの評価はいわゆる4C(カラット=重さ、カラー=色、クラリティ=透明度、カット=研磨)が広く知られていますが、「サリネ・ライト」による測定は、ダイヤモンドにとって重要な価値となる輝きに関する4つの項目(ブリリアンス、スパークル、ファイヤー、ライトシンメトリー)を計測機器で測定、総合的評価によりグレードが決定される新しい評価基準です。ひとつひとつのダイヤモンドに固有の番号が付与されており、個別に評価証明書と実像映像がオンライン上でご確認いただけます。

2019年は「アイディアルラウンドブリリアントカット」が誕生してから100年。現在世界で流通するダイヤモンドの90%以上がラウンドブリリアントカットであり、世界でもっとも美しく輝くと称賛されるこのカットを考案したマーセル・トルコウスキーは、創業一族の4代目です。誓いの証となるダイヤモンドの「輝き」を追求し続けるトルコウスキー家に継がれる願い―それは、ダイヤモンドはひとつひとつ個性的で、お客様がそれぞれの特徴を感じ、特別な一石にめぐりあったと感じてほしいということです。この記念すべき年に、一族が追求し続ける「輝き」へのこだわりを継承し、最新のテクノロジーにより証明することを決定いたしました。

ブランド展開当初から、お客様にとって理想のブライダルジュエリーを提供することを最優先に、ダイヤモンドの買い付け、製品開発、アフターサービスまで安心と信頼を築くサービスの展開に力を注いでおります。ダイヤモンド、リングのデザインをそれぞれ選び組み合わせ、おふたりだけのリングをつくるセミオーダー方式は日本で初めての試みとなり、自分たちらしさを大切にしたい今の世代の方たちにも支持をいただいております。

天然のダイヤモンドは人工的に大量に生産される工業製品ではありません。数億年かけて生み出されたダイヤモンドがどのような人と出会うのかを想像し、人生の大切な瞬間を見守る存在であるよう願っています。美しく輝くダイヤモンドの生まれたプロセスを丁寧にお渡し、ダイヤモンド、ブライダルジュエリーが、家族を繋ぐ存在であるようこれからもチャレンジし続けます。

特設サイト:https://www.exelco.com/100th/journey.php
※「ダイヤモンドジャーニー」は、一部除外のダイヤモンドがございます。

<参考>“ダイヤモンドジャーニー”に関する海外発表記事

1.      https://www.diamonds.net/News/NewsItem.aspx?ArticleID=63598&ArticleTitle=Sarine+Tracking+Platform+Launches+in+Japan
2.      https://www.idexonline.com/FullArticle?Id=44735
3.      https://customnews.pk/2019/04/15/new-art-cima-introduces-sarine-diamond-journey/
 
  • 【「エクセルコ ダイヤモンド」について】
ダイヤモンドの聖地といわれるベルギー、アントワープに創業し、200年の歴史と世界トップの研磨技術により最高位評価を得るダイヤモンドの名門、トルコウスキー家一族との提携により誕生した「エクセルコ ダイヤモンド」。1997年「エクセルコ ダイヤモンド東京本店」を銀座にオープンし、日本で28店舗を展開。(2019年5月現在)

1919年に4代目で数学者でもあったマーセル・トルコウスキーが考案した「アイディアルラウンドブリリアントカット」は現在流通するダイヤモンドの90%を占めるラウンドブリリアントカットの原点となりトルコウスキー家の大きな功績のひとつとしてあげられます。世界で最も美しいカットと高く評価され、トルコウスキー家のカッティング技術が業界に名を馳せることになります。まだ世の中では大きさと重さでダイヤモンドの価値が決められていた時代に、ダイヤモンドが秘めた崇高な光を追い求めた功績が現在もなおダイヤモンドの「完璧な輝き」といわれる所以です。
その技術はさらに進化を続けながら受け継がれ、高品質な原石と、一般に比べて4倍以上の工程を経る最高のカッティング技術が織りなすダイヤモンドの輝きは、客観的に輝きを計測し評価する「サリネ・ライト」システムにより最高位を獲得し認められています。
また、6代目のカブリエル・トルコウスキは随一の研磨技術と芸術的才能を併せ持ち、生半可な職人では触る事すら躊躇される、巨大なダイヤモンド原石から数々の作品を創造しています。
デビアスが所有する超一級ダイヤモンドの加工プロジェクトでは最高責任者として活躍し、 その各国王室が絶大な信頼を寄せています。

貴賓ある、洗練されたデザインは、ヨーロッパの伝統や文化を感じさせるコンセプトとストーリーをもちながら、繊細で気品あるデザインがバリエーション豊かに取り揃います。
代々受け継ぐに相応しいダイヤモンドとウエディングリングをコンシェルジュが丁寧にご提案します。

公式HP : https://www.exelco.com/
INSTAGRAM : https://www.instagram.com/exelcodiamond
 
  • 【「エクセルコ ダイヤモンド」を代表するリング】
マーセル・トルコウスキーが光の法則と数学を用いて、光を放つのに最も適したプロポーションを導き出したアイディアルラウンドブリリアントカット。その美しいダイヤモンドを、「最大限に美しく輝かせるためにはどうあるべきか」という視点から考えられた究極のデザインです。
リングの所々には、クロスのモチーフが隠されていて、ダイヤモンドのように固い二人の誓いと、伝統と品質を守り続けるエクセルコ ダイヤモンドの誓いを表現しています。エクセルシアは、上面からの美しさ、横からのプロポーションともに、より美しく見せるために、センターダイヤの下にメレダイヤを設置し、ダイヤモンドを明るく照らす形になっています。
本格的な美しさを求めるすべての方へおすすめしたいリングです。

 


商品名:Excelsior エクセルシア

 価格 :29万円~(0.21ct~)
 
*ダイヤモンドのグレードにより価格は異なります。

 
  • 【会社概要】
会社名 : 株式会社ニューアート・シーマ
代表者 : 代表取締役 白石 哲也
設立 : 2017 年(平成29 年) 5 月
資本金 : 100 百万円
事業内容 : オリジナルブライダルダイヤモンドリングの制作・販売及び総合ブライダルサービス業
所在地 : 東京都中央区銀座1-15-2
東証JASDAQ上場の株式会社NEW ART HOLDINGS(証券コード:7638)の100%子会社。ニューアート・シーマは、ブライダルジュエリー(婚約指輪および結婚指輪)の販売を主力とした事業展開を行なっており、「銀座ダイヤモンドシライシ」https://www.diamond-shiraishi.jp/(国内44 店舗、海外3 店舗)をはじめ、「エクセルコ ダイヤモンド」https://www.exelco.com/(国内28 店舗、海外1 店舗)の 2 ブランドで展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニューアート・シーマ >
  3. 原石からお手元に届くまでの道のりを追う新システム「ダイヤモンドジャーニー」2019年7月より「エクセルコダイヤモンド」が世界初導入