2021年4月度テレビCM放送回数ランキング発表~テレビCMにも見られた酒類の自粛とサントリーの躍進~

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)のグループ会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2021年4月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し集計しましたので、お知らせいたします。4月度のランキングでは、世の中で話題になっている酒類の提供禁止がテレビCMの世界にも反映される結果となりました。一方で、サントリー酒類社の躍進が商品別とエリア別のそれぞれのランキングで見られました。
  • 2021年4月度 商品別テレビCM放送回数(全国地上波25局、BS放送6局合計)

 
  • 2021年4月度の概要

2021年4月度の商品別ランキング1位は、3月度の3位から順位を上げたリクルートホールディングス「スタディサプリ ENGLISH」となりました。「スタディサプリENGLISH」の放送回数は、3月度は4396回、4月度は4331回と同水準ですが、やや放送回数の多い3月度の方が順位は低くなっております。このことから、4月度全体の各社のテレビCMの放送回数は前月よりも少ない傾向にあると考えられます。3月度は年度末ということもあり、各社、年度末最後のPR強化を図ったのかもしれません。

今回注目すべきは、8位のサントリー酒類「パーフェクトサントリービール糖質ゼロ」です。サントリーグループは、酒類製品に関するマーケティング活動に対して、社内自主基準を設けており、年間を通して5時00分~18時00分まで酒類のテレビ広告を自粛しています(*1)。このような基準下でも8位にランクインということは、新製品「パーフェクトサントリービール糖質ゼロ」への企業の期待や自信が感じられます。
*1参照:サントリーグループの目指す「DRINK SMART(ドリンク・スマート)」
https://www.suntory.co.jp/company/csr/activity/service/alcohol/


ほかにも携帯キャリアのテレビCMが20位中5社ランクインしており、各社、お得な料金プランの紹介や5G訴求など自社の魅力を反映したクリエイティブにより、ユーザー獲得を目指しています。ランクインした企業は、5位のUQコミュニケーションズ「UQ mobile」、7位KDDI「povo」、9位ソフトバンク「メリハリ無制限」、12位楽天「楽天モバイル」、13位ソフトバンク「LINEMO」です。

 

  • 2021年4月度 エリア別テレビCM放送回数ランキング

エリア別ランキングでは、緊急事態宣言の発出有無による地域差が見られました。
特筆すべきは、商品別ランキング8位にもランクインしたサントリー酒類「パーフェクトサントリービール糖質ゼロ」です。名古屋8位、福岡3位、札幌5位の3エリアでのランクインとなり、東京と大阪でランク外とエリアごとでの差が見られました。これは、酒類の提供禁止要請を含んだ緊急事態宣言の影響であると考えられ、出稿エリアを慎重に選びながら自社のPRをしていることが見受けられます。

また、札幌では観光施設のテレビCMが1位の加森観光「ルスツリゾート」と7位のハマノホテルズ「グランドブリッセンホテル定山渓」と10位中2社ランクインしております。全国的にコロナ禍での「観光・アミューズメント」のテレビCM出稿数は前年比50.1%(*2)と大幅に減少していますが、北海道の観光施設企業は、コロナの状況を鑑みながら道民への余暇を提供しているのではないでしょうか。
*2出展:株式会社ゼータ・ブリッジ「2020年度下半期テレビCM動向まとめ」(2021年4月)
https://www.so-netmedia.jp/topics/news-2021-pr_release_20210427_zb/


【東京】

【大阪】

【名古屋】

【福岡】

【札幌】

【BS】

 

  • 調査概要

【調査期間】2021月4月1日~4月30日
【対象】番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局のテレビCM
【調査方法】動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査
 

  • お問い合わせ

本ランキングに関するお問い合わせは、下記サイト内の問い合わせフォームより受け付けております。
・サイト:https://www.zeta-bridge.com/

■株式会社ゼータ・ブリッジ < https://www.zeta-bridge.com/ >
2001年10月に設立。要素技術の積み上げではなく、「目、耳など五感から得た情報を人間の脳がいかに処理し、そして感じているか?」を原点とした様々なアルゴリズムを独自に開発しています。人間の感性を超える認識テクノロジーでお客様の課題を解決いたします。テレビCMメタデータ販売、音声・画像認識エンジンを利用したサービスを提供しています。

■SMN株式会社 < https://www.so-netmedia.jp/ >
2000年3月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォーム「Marketing Touch」のほか、テレビ視聴データ広告配信サービス「TVBridge」を新たに提供するなど、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。

※記載されている会社名、団体名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SMN株式会社 >
  3. 2021年4月度テレビCM放送回数ランキング発表~テレビCMにも見られた酒類の自粛とサントリーの躍進~