木皿泉の人気エッセイ、シリーズ最新刊『木皿食堂4 毎日がこれっきり』発売!

『野ブタ。をプロデュース』主演の亀梨和也との対談を収録!

夫婦ユニット脚本家として伝説のドラマ『すいか』(向田邦子賞受賞)をはじめ、『野ブタ。をプロデュース』『セクシーボイス アンド ロボ』『Q10』『昨夜のカレー、明日のパン』などを生み出した木皿泉。2005年に放送された『野ブタ。をプロデュース』は15年後の2020年に再放送され、物語の普遍性が高く評価されました。小説家としても、『昨夜のカレー、明日のパン』(本屋大賞第2位、山本周五郎賞候補)、『さざなみのよる』(本屋大賞第6位)、『カゲロボ』(山本周五郎賞候補)などがあり、いずれも大きく注目されています。

本書は、今も神戸新聞で連載中のエッセイ「木皿食堂」を中心に、様々なエッセイやインタビュー、書評、そしてコロナ下の青春の一コマを切り取ったショートドラマ「これっきりサマー」(NHK総合)のシナリオを収録。木皿泉が紡ぐコトバの数々は、何気ない日常を生きる私たちに新たな世界を見せてくれます。

注目!〈対談〉亀梨和也×木皿泉
「僕にとって『野ブタ。をプロデュース』は特別な作品です」


(以下、対談「ぴったりの言葉なんてみつからない」より抜粋)

亀梨 僕にとって何ものにも代えがたい財産だと思っているので。十代で木皿さんの作品に出ることができてよかったね、と業界の方々に言っていただくことも多いですし、僕自身、そう思います。木皿さんの書く深みのあるセリフを、若かったからこそ反射神経で口にすることができましたし。人生も演技もそれなりに経験を積んだ今なら、たぶん同じセリフでももうちょっと深読みして、発するときにも意味をこめてしまうだろうなあと。

木皿 わかります。つくりこんじゃいますよね、きっと。

亀梨 〈人に嫌われるのってさ、怖いよな〉ってセリフも、身体の中で寝かせていない言葉というか、修二が感じたままの温度で出せたのがよかったんだろうなと。もちろん、当時も自分なりに解釈しようとしていたけど、大人になってから脚本を読み返してみると、こんなにもさらりと深みのある言葉が書かれていたのかと、より沁みるんですよね。

【書誌情報】
書名:『木皿食堂4 毎日がこれっきり』
著者:木皿泉
発売元:双葉社
定価:1540円(税込)
判型:四六判並製
発売日:2021年3月19日
ISBN:978-4-575-31609-4
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31609-4.html?c=30597&o=&
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社双葉社 >
  3. 木皿泉の人気エッセイ、シリーズ最新刊『木皿食堂4 毎日がこれっきり』発売!