国際交流シェアハウス ボーダレスハウスが英会話特化型のシェアハウス「English Only Policy EOPハウス」を新たにスタート!

国際交流シェアハウス事業を展開するボーダレスハウス株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:李 成一、以下ボーダレスハウスという)が、新たに英会話特化型のEnglish Only Policy EOPハウスを新たにスタートします。
長く続くコロナ禍で海外に行けず、海外留学やワーキングホリデーがキャンセルになってしまった若者向けに、留学できなくても英語が学べる新しいソリューションを提供します。
※ボーダレスハウス株式会社は、社会起業家のプラットフォームカンパニーである株式会社ボーダレス・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田口一成)のグループ企業です。
  • English Only Policy! EOP シェアハウス について

国際交流シェアハウス ボーダレスハウスとは。

人種や国籍関係なく、お互いのバックグラウンドを認め合える多文化共生社会。この社会の実現に必要なのは、あらゆるボーダーをこえて直接的な関わりをつくること。
私たちはそんな国際交流の機会を提供するべく、「外国人と日本人が一緒に暮らす」というコンセプトのもと、2008年に事業スタート。今では東京、関西、韓国、台湾の4拠点91棟のシェアハウスを運営しています。事業開始から今までの累積入居者数は14,483人、111ヶ国の国籍の方々が入居されました。
そんな中2020年新型コロナウィルス感染拡大により、国を変えた行き来が制限されるという大きな市場変化の中で、様々な取り組みをおこなってきた当社ですが、この度新たに、英語特化型のコンセプトとしてEnglish Only Policy EOPハウスを開始します。

English Only Policy EOPハウスをスタートの経緯

ボーダレスハウスを選んでいただける理由の中に、「英語」を上達させたいという強いニーズがあります。そんな中2020年新型コロナウィル感染拡大により、海外との行き来が制限されたことで、「留学に行けなくなってしまったのでそれに代わる体験を」という理由でーダレスハウスを選ぶ大学生がどんどん増えています。
「コロナによる留学キャンセル、海外インターンシップのキャンセル、ワーキングホリデー見送り。。。」感染拡大を避けるためにはやむを得ない判断であり今は我慢の時。それが社会の当たり前の価値観になっている今日ですが、当事者である学生たちの、夢にまで見た一生に一度の留学が絶たれてしまった学生たちの悲しみや悔しさは計り知れません。
だからこそ、国内でも今できる選択肢があるということを伝えたい。そしてコロナ禍で薄れてしまった「人との関り」がもたらすという新しい刺激や日々の彩りが、シェアハウスでなら体験できます。

留学に行かなくても英語を話せる日常環境は手に入れることができる。そんな新しい日常への一歩踏み出してもらえる、新しいコンセプト型シェアハウスです。

 

  • English Only! EOPハウスの生活ポリシーと英語上達支援プログラム

従来の「外国人と一緒に暮らす」というコンセプトに加えて、日常生活のベースを原則英語で過ごし、英語が飛び交うリアルな環境を提供するのがEOPハウスです。


【シェアハウス内のポリシー】
原則、リビングでは英語での会話のみ!英語をどんどん使っちゃいましょう!
●さらに、English Only Dayとし、 水金土はハウス内全面で日本語禁止に!

【英語上達への無料支援プログラム】
1.ネイティブスピーカーとの英会話トレーニング!
2週に1回、入居者との英会話レッスンタイムをご用意しています!ボーダレスハウスの外国籍入居者が訪問し、交流しながら英会話トレーニングをします!会話だけじゃなく、TOEICサポートも!

2.Language Exchange パートナーをマッチング
ボーダレスハウスが提供する入居者向け言語交換プログラム。学びたい言語をお互い使いながら会話を楽しむ、オンラインでのコミュニケーションの場です。言語を練習するだけでなく、会話を通して気の合う友人ができるのも特徴です。

3.プロのオンライン英会話サービスを無料で受けられます!
オンライン英会話3部門でサービス評価No.1を獲得しているQQ Englishのオンライン英会話レッスン(月4回)を受けることができます!英会話のレベルや、受ける時間を自由に選ぶことができるので、英語に不安な方や忙しい方でも簡単に英会話を始めることが可能!
 

  • English Only Policy! EOP 対象ハウス

ボーダレスハウス飯田橋1 (東京)

https://www.borderless-house.jp/jp/sharehouse/iidabashi/


ボーダレスハウス品川戸越3 (東京)

https://www.borderless-house.jp/jp/sharehouse/shinagawa_togoshi3/


ボーダレスハウス京都鞍馬口 (京都)

https://www.borderless-house.jp/jp/sharehouse/kyoto-kuramaguchi/




今なら礼金無料!さらにお得なディスカウント情報!
応援ディスカウントとして通常礼金3万円がなんと無料!!
さらに今なら入居から半年間の家賃割引制度もご用意。

シェアハウスに住みながら英語を学ぶEOPハウス。英語漬けハウスの最大の特徴は一緒に英語を頑張る同じ目標をもったハウスメイトがいること。1人ではなかなか続かなくても、ハウスメイトと話しながら英語を使うことで楽しみながら英語学習を続けられます。

海外に出ることが難しい2021年は旅の前の準備期間。ボーダレスハウスで国内留学しながら英語を学びませんか?

▼English Only Policy! EOPハウスの詳細

https://www.borderless-house.jp/jp/blog/tokyo-20210903/

▼ボーダレスハウス 公式WEBサイト
https://www.borderless-house.jp/jp/

【会社概要】
会社名:ボーダレスハウス株式会社
代表取締役社長:李 成一
所在地: 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
設立:2017年3月
資本金:1000万円
※ボーダレスハウス株式会社はボーダレスグループの⼀員です。
https://www.borderless-house.jp/jp/company/

会社名:株式会社ボーダレス・ジャパン
代表者:代表取締役社長 田口 一成
本社 :東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
設立 :2007年3月
資本金:1,000万円
https://www.borderless-japan.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
<サービスに関して>
ボーダレスハウス株式会社
担当:李 成一/細木 拓哉
Email:info(ここに@を入れてください)borderless-house.com

<取材に関して>
株式会社ボーダレス・ジャパン
広報:小川 直美
Email:sr_pr(ここに@を入れてください)borderless-japan.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ボーダレス・ジャパン >
  3. 国際交流シェアハウス ボーダレスハウスが英会話特化型のシェアハウス「English Only Policy EOPハウス」を新たにスタート!