エプサイトギャラリー、岡嶋和幸写真展『海のほとり』を開催

エプソン販売株式会社は、エプソンスクエア丸の内(東京都千代田区)のエプサイトギャラリーで2020年10月2日(金)から2020年10月29日(木)まで岡嶋和幸写真展『海のほとり』を開催します。

岡嶋和幸氏は、世界を旅しながら詩情豊かな作品を数多く発表してきました。島国である日本は、四方を海で囲まれ、人々の暮らしにとって海は切り離せない存在です。岡嶋氏は、そうした海と人々の関係性をライフワークとして写真に記録しています。
写真展『海のほとり』では、岡嶋氏にとって子どものころから身近な存在である「海辺」をモチーフとして取り上げます。岡嶋氏は、「私は海からそれほど遠くない場所で生まれ育ち、現在も潮風が漂う場所に住んでいる。だからなのか、旅行先は海辺の町を好み、たとえ遠回りでも海岸線に沿って移動する。気候や地勢の影響を受けるなど、海辺の景色は地域によって特色がある。見慣れた日本の海辺にあらためて興味を覚えた。」と今回の写真展の背景を語っています。
本展の作品は、プロセレクションシリーズの新商品「SC-PX1VL」「SC-PX1V」を中心としたインクジェットプリンターで制作しています。岡嶋氏の身近な存在である「海辺」の作品が、階調豊かで、深く繊細に表現されています。
岡嶋和幸写真展『海のほとり』にご期待ください。
詳細は、以下ホームページでご確認願います。
https://www.epson.jp/showroom/marunouchi/epsite/gallery/exhibitions/2020/0619/
■写真展『海のほとり』概要
会期:2020年10月2日(金)~2020年10月29日(木)
時間:11:00~17:00(最終日は14:00まで)
休館:日曜日
■岡嶋和幸氏プロフィール
1967年福岡市生まれ。東京写真専門学校卒業。スタジオアシスタント、写真家助手を経てフリーランスとなる。作品発表のほか、セミナー講師やフォトコンテスト審査員など活動の範囲は多岐にわたる。写真集「ディングル」「風と土」のほか著書多数。主な写真展に「ディングルの光と風」「潮彩」「学校へ行こう!」「九十九里」「風と土」などがある。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エプソン販売株式会社 >
  3. エプサイトギャラリー、岡嶋和幸写真展『海のほとり』を開催