12月10日(日)、千葉大生が八犬士を演じる 創作狂言「里見八犬伝 其ノ壱(エピソード ワン)」上演 ―見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト―

千葉大学は、12月10日(日)千葉県文化会館にて、公益財団法人千葉県文化振興財団と連携して、創作狂言を上演します。今回の公演は里見八犬伝を大胆に狂言にリメイクした「創作狂言里見八犬伝」シリーズの第二弾。前作は玉が飛び散るまでのエピソードでしたが、今作ではいよいよ八犬士が登場します!「勧善懲悪ってなんだ」をテーマにした、一味も二味も違う八犬士の物語をぜひご覧ください。

  • 創作狂言「里見八犬伝」について
本公演は、千葉にまつわる物語や伝承を狂言にし、伝統を繋いでいく「見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト」(http://www.cbs.or.jp/zaidan/kyogen/)の一環です。和泉流狂言師・小笠原匡を中心に、千葉大学、NPO法人フォーエヴァー、公益財団法人千葉県文化振興財団、県民が連携し、新たな狂言を創り上げてきました。プロジェクト開始から10年以上を数えます。

昨年の公演昨年の公演

小道具の作成小道具の作成

狂言ワークショップの様子狂言ワークショップの様子











千葉大生は、普遍教育教養展開科目「伝統文化をつくるA・B・C」において、チラシ・ポスターやパンフレット、小道具の作成、広報活動を行っています。さらに、今年度は、千葉大生が本公演の主人公・犬塚信乃、犬川荘介、犬山道節をはじめ、重要な役柄をつとめます。狂言の本格的な稽古や、プロの俳優による殺陣指導を受けつつ、市民ワークショップ参加者とともに、舞台を作りあげます。
なお、第一部に古典狂言「清水」の上演も行われます。
  • ​公演情報
【日時】 12月10日(日) 14時開演
【場所】 千葉県文化会館小ホール
【料金】 〔全席自由〕一般2,000円、学生1,000円
【プレイガイド】
 千葉県文化会館   043-222-0201
 千葉県東総文化会館 0479-64-2001
 インターネット予約  http://www.cbs.or.jp/

詳細はこちらよりご覧ください。
http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/171210cs/index.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 12月10日(日)、千葉大生が八犬士を演じる 創作狂言「里見八犬伝 其ノ壱(エピソード ワン)」上演 ―見る、知る、伝える千葉~創作狂言~プロジェクト―