いよいよお盆休みに突入!今夏公開される注目映画の過去作品がdTVで一挙配信スタート!!さらに「ワイルド・スピード」の視聴数もぐんぐん増加中!

今年の夏は、人気映画の続編や関連作が次々に公開されます。映像配信サービスdTVではこの度、それらの過去作品を配信開始いたしました。その中でも選りすぐりの作品は以下の5作品になります。

■進化し続けるカーアクション超大作!

今年8月6日に劇場公開され、現在大ヒット上映中の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。この『ワイルド・スピード』シリーズは、「ワイスピ」の愛称で親しまれ、ド派手なアクションでメガヒットシリーズへと成長し、20年の長い歴史の中で数々の熱い物語を紡いできたカーアクション映画。強盗団の犯人だったストリート・レーサーのドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、潜入捜査を行っていた警官であり、すご腕のドライバーでもあるブライアン(ポール・ウォーカー)。この2人の熱い友情から物語は始まり進んでいく。舞台はアメリカだけではなく世界各国を巡りスケールアップしながらスピンオフ作品まで登場。想像を超えた規格外の展開がまさにノンストップで続いていくと共に、多様なキャスト陣による胸アツなドラマが繰り広げられていく。またシリーズを通して新旧、様々な名車がワイルドな走りを見せるところも作品の大きな魅力となっている。

また、最新作が劇場公開開始になったことに加え、7月30日に金曜ロードショーで「ワイルド・スピード ICE BREAK」が放送されたこともあり、「ワイルド・スピード」シリーズの8月初週の視聴数が7月初週と比べて約3.4倍に増加!改めて注目度の高さが伺えます。

<「ワイルド・スピード ICE BREAK」作品URL>
https://video.dmkt-sp.jp/ti/10024541/

 



■アンチヒーロー大集合のバトルアクション!

バットマンやスーパーマンなどと同じDCコミックスに登場する悪役たちが、チームを組んで戦う姿を描いたアクションエンターテインメント『スーサイド・スクワッド』。そのチームのメンバーとは、デッドショットやハーレイ・クインらスーパーヒーローたちによって刑務所に収監されたスーパーヴィランたち。死刑や終身刑となった危険な犯罪者たちが、減刑と引き換えに「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」の結成を強制され、危険なミッションに挑む。寄せ集めの“最狂”軍団の豪快で縦横無尽な暴れっぷりは暑さを吹き飛ばすほどに気分爽快!ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビーら豪華キャストの共演も見逃せない。監督は『フューリー』(’14)のデヴィッド・エアー。アクションだけでなく、超個性派キャラが織り成すダークでヘビーな人間模様で、その実力を存分に発揮している。
8月13日(金)から公開される続編『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』では、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを筆頭に強烈な個性を持った14人の悪党たちが、たった10年の減刑と引き換えに成功率0%といわれる決死のデス・ミッションに挑む。

<「スーサイド・スクワッド」作品URL>
https://video.dmkt-sp.jp/ti/10016321/
 

 

■日本古来の有名な妖怪たちが次から次へと登場!

'68年に製作された特撮映画を、日本を代表する奇才・三池崇史監督がリメイクした平成版『妖怪大戦争』('05)は興行収入20億円の大ヒットを記録。迫力満点、スペクタクルなアクションあり、笑いあり、感動ありの妖怪アドベンチャー大作である。物語は、神木隆之介演じるタダシ少年が、ひょんなことから世界を守る正義の味方《麒麟送子》となり、妖怪たちの助けを借りて、世界を支配しようとしている魔人・加藤保憲率いる悪霊軍団と戦うというもの。
子役ながら演技のうまさと存在感を見せる神木が印象的。また忌野清志郎、竹中直人、岡村隆史ら個性的な面々が妖怪役で出演し、インパクトのある演技を披露している。
三池監督が再びメガホンをとり、人気子役、寺田心が主演を務める『妖怪大戦争ガーディアンズ』は8月13日(金)から劇場公開。

<「妖怪大戦争」作品URL>
https://video.dmkt-sp.jp/ti/10010018/
 

 

■警察とやくざの血で血を洗う攻防戦!

広島の架空都市・呉原を舞台に描き、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を役所広司、松坂桃李、江口洋介らの出演で映画化した『孤狼の血』。『凶悪』(’13)、『日本で一番悪い奴ら』(’16)の白石和彌監督がメガホンをとった。ベテランのマル暴刑事・大上役を役所、日岡刑事役を松坂、尾谷組の若頭役を江口が演じるほか、真木よう子、中村獅童、ピエール瀧、竹野内豊、石橋蓮司ら豪華キャスト陣が脇を固める。主演を務める名優・役所広司の極悪刑事ぶりがとにかく凄まじく圧巻の演技力で作品を牽引する。また若手のエリート刑事を演じた松坂桃李が、まるで大上の遺志を受け継ぐように凶暴な刑事へと変貌を遂げていくさまは見応え十分。第42回日本アカデミー賞では最優秀主演男優賞(役所広司)、最優秀助演男優賞(松坂桃李)など優秀賞最多12部門を受賞した。
松坂桃李が主演を務め、白石和彌監督が再びメガホンを取った続編『孤狼の血 LEVEL2』が8月20日(金)から劇場公開される。

<「孤狼の血」作品URL>
https://video.dmkt-sp.jp/ti/10022520/

 


 

■注目の若手俳優共演で描く恋愛頭脳戦!

週刊ヤングジャンプに連載され、人気を博した「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」を実写映画化した『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』。生徒会会長・白銀御行をKing & Princeの平野紫耀、生徒会副会長・四宮かぐやを橋本環奈が演じる。監督は『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(’17)の河合勇人。互いに引かれ合っている白銀御行と四宮かぐやの2人が、“いかにして相手に告白させるか”の恋愛バトルを、周りを巻き込みながら大真面目に繰り広げる学園ラブコメディ。若者に圧倒的な人気を誇る平野と橋本という美男美女俳優の振り切った演技に注目!
待望の続編『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナル』は8月20日(金)から劇場公開される。

<「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」作品URL>
https://video.dmkt-sp.jp/ti/10047107/


劇場で最新作を観る前に、ぜひdTVで過去作品をチェックしてみてください!

 


<dTVサービスサイト>
https://video.dmkt-sp.jp/

<dTVに関する情報まとめサイト>
https://info.dtv.jp


■dTVサービス概要
人気の映画やドラマ、音楽ライブまで話題作ゾクゾク追加中!
dTVでしか見られない話題作も!
価格は月額550円(税込)※1

大ヒット映画や話題のドラマ、放送中の最新アニメをはじめ、見逃していた韓流ドラマまで子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの話題作が毎月ゾクゾク追加され、月額550円(税込)※1で楽しめます。
 毎月新着作品が追加されるから、見たい作品にいつでも出会えます。
さらに、最新映画や放送中のテレビドラマの見逃しも、新作レンタルが可能。
新作レンタルには、dポイントも使えます。
 スマートフォン、テレビ、タブレット、パソコンでも見られるからあなたの生活に合わせて、いつでもどこでも使えます。
 ドコモのケータイ回線をご利用中の方はもちろん、ドコモのケータイ回線をお持ちでない方も、携帯キャリアを選ばず、誰でもカンタンWEB登録が可能です。
そして、初めて登録される方は、初月無料です。(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金がかかります)※1※2で利用できます。
※1 App Storeでの購入は除く。契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1か月分の料金となります。日割り計算はいたしませんのでご注意ください。
※2 キャンペーン期間中(2014年11月1日~)に初回お申込みの場合に限り、7日間の初回無料期間を31日間に延長して適用します。その他の適用条件は、初回7日間無料と同様となります。ただし、31日間の初回無料期間が適用されている間は、権利者の都合により、一部ご視聴になれないコンテンツがあります。
過去に7日間の初回無料の適用を受けたお客さまで、本キャンペーンの適用を受けていないお客さまは適用対象となります。
本キャンペーンを終了する際は、「ドコモのホームページ」にてお知らせいたします。
本キャンペーンは予告無く内容を変更させていただく場合がございます。

◆ご利用方法
dTV WEBサイト(https://video.dmkt-sp.jp )から会員登録

◆視聴デバイス
テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能
※別途パケット通信料がかかります。
※デバイスによっては一部ご視聴いただけないコンテンツがあります。
※ドコモの回線契約がないお客さまが本サービスをご利用いただくには、「dアカウント®」が必要です。「spモード®」契約でのご利用とサービス内容やお支払方法が異なる場合があります。また利用料のお支払いはクレジットカードのみとなります。
※「dTV」「dアカウント」「spモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

 
  1. プレスリリース >
  2. エイベックス通信放送株式会社 >
  3. いよいよお盆休みに突入!今夏公開される注目映画の過去作品がdTVで一挙配信スタート!!さらに「ワイルド・スピード」の視聴数もぐんぐん増加中!