「フェルメールと17世紀のオランダ絵画展」(2/10~)より、アース製薬が“美術展巡回 除菌サポートプロジェクト”を発足。世界一級のアート作品の鑑賞と輸送のサポートをMA-Tシステム®で包括支援

世界初!アルコール系でも塩素系でもない“引火しない除菌・消臭ソリューション”MA-Tシステム®を美術展に採用!

 アース製薬株式会社 (本社:東京都千代田区、社長:川端克宜、以下 「アース製薬」) はこのたび、2022年2月から11月にかけて全国4カ所を巡回する「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」の開催にあたり、安全で安心な展覧会鑑賞と美術品輸送を目的とした「美術展巡回 除菌サポートプロジェクト」を発足し、絵画作品の鑑賞と輸送を包括的に支援いたします。除菌・消臭ソリューションのMA-Tシステム®の美術展での活用は、世界初となります(※1)。コロナ禍での芸術鑑賞という文化を支援するために、文化的価値の高い絵画作品の鑑賞と輸送に際して、アース製薬が開発支援した引火しないMA-Tシステム®を活用した製品を提供してまいります(※2)。本巡回展期間中に、美術展を運営する株式会社フクシ・エンタープライズや音声ガイドを提供する株式会社アートアンドパート、輸送を担当するヤマト運輸株式会社、グッズを販売する株式会社アートボックスなどにMA-Tシステム®を活用いただき、安全で安心なアート鑑賞体験のサポートをしてまいります。
 SDGsにも採択されている「文化遺産の保全」は、世界的に重要なテーマのひとつ。コロナ禍を経て一般的になった除菌という習慣ですが、文化的価値の高いアート作品の輸送に際しては、さらなる安全性が求められます。既に航空機などで導入されている、MA-Tシステム®を活用した除菌剤を使用することで、鑑賞時にも無臭でアルコールによる刺激のない除菌・消臭サポートによって、安全で安心な鑑賞体験を提供したいと考えました。こうした中、当社は巡回展向けの新たな取り組みとして「美術展巡回 除菌サポートプロジェクト」をスタートいたしました。今後も様々なアート作品の巡回展での活用を推進してまいります。

-----------------
「美術展巡回 除菌サポートプロジェクト」概要
-----------------

2月10日付け新聞広告2月10日付け新聞広告

■アースの技術をアートのために

 今、芸術鑑賞という文化が、感染症のために脅かされています。「文化遺産の保全」はSDGsにも採択されている、世界的に重要なテーマのひとつです。アース製薬は、マラリアをはじめとした、虫が媒介する感染症対策だけでなく、人体に安全な除菌技術「MA-Tシステム®」の開発支援にも取り組んでいます。「MA-Tシステム®」は、成分の99%以上は水で出来ているのに、ウイルスや菌には除菌効果を発揮する除菌技術であり、効き目がありながら人には優しく安全な「虫ケア用品」にこだわってきた、私たちだからこそ生み出せた技術だと自負しています。今回、フェルメールをはじめとした作品を日本に迎えるにあたり、アルコールと違って引火しない、MA-Tシステム®を活用した製品を、安全な作品輸送と、心地よい鑑賞環境づくりのために提供させていただきます。アートを心から楽しむという体験も、当社が守りつづけたい地球資産のひとつです。

 


■「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」でのMA-Tシステム®を活用した製品の活用方法
<美術品輸送>
 ドライバーの手肌は「A2Care」スキンクリーンでの洗浄や、トラック内でのハンドル、椅子には「N.act」 除菌・消臭スプレーで除菌します。
<フェルメール展の会場内>
 ご来場者様向けには、「A2Care」スキンクリーンによる洗浄装置を設置しています。また、フェルメール展内での音声ガイド、エスカレーター手すり、テーブル、仕切りロープ、ドアノブ、レジ回り、手すり、テーブ(※)には、「N.act」 除菌・消臭スプレーで除菌します。
(※)会場の仕様によって使用場所は異なります。

-----------------
除菌システム「MA-Tシステム®」とは
-----------------

 革新的な酸化制御技術「MA-T(エムエーティー) システム®」(※3)は、亜塩素酸イオンから、反応すべきウイルスや菌が存在するときにのみ、 必要なときに必要な量の活性種(水性ラジカル(※4))を生成させることで、さまざまなウイルスの不活化、種々の菌(細菌)の除去(※5)を可能にします。99.9%以上が水 であるため、既存の除菌剤である塩素系消毒剤や高濃度アルコールと比較して安全性が高く、ノンアルコールでキッチン周りでも安心して使える利点があります。

  <MA-Tシステム®のしくみ>

■「N.act」について
 MA-Tシステム®を「店舗で販売して欲しい」といったお客様のご要望に応え、一般家庭向けの製品として『N.act』シリーズを開発しました。全国のドラッグストア、スーパー、ホームセンターにて販売しています。今後もアース製薬は、お客様の生活に寄り添い、安心と効果を追求した『N.act』シリーズの製品を拡充してまいります。


【製品概要】
・製品名:N.act 除菌・消臭スプレー
・内容量:200mL
・想定価格:1,280円(税込1,408円)
・発売日(メーカー出荷日)/場所:
 2021年8月20日(金)/全国
・特設サイト:https://www.earth.jp/n-act/





 


■「A2Care」について
 「A2Care」は、高い安全性を保ちながら、優れた除菌消臭作用をもつ無色、無臭の除菌消臭剤。その成分は精製水99.9% 、だから、ベタつかず、布製品も傷めません。ANAをはじめとした航空会社の機内や空港ラウンジなどの除菌・消臭に使用されて、全国のインテリアショップ等にて「A2Care」シリーズを販売しています。
特設サイト:https://www.a2care-anatc.com


----------------
「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」開催概要
----------------

■初期の傑作《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館以外で世界初公開!!
 本展の注目作品である17世紀のオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》は、窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。本作品は、1979年のⅩ線調査で壁面にキューピッドの描かれた画中画が塗り潰されていることが判明し、長年、その絵はフェルメール自身が消したと考えられてきました。しかし、2017年の調査により、フェルメール以外の人物により消されたことが新たに分かり、翌年から画中画の上塗り層を取り除く修復が開始されました。2019年5月には、キューピッドの画中画が部分的に現れた修復途中の作品が、記者発表にて公開されました。
 本展では、この修復過程を紹介する資料とともに、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドが完全に姿を現した《窓辺で手紙を読む女》の当初の姿を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館のお披露目に次いで公開します。所蔵館以外では世界初公開となります。
 また、ドレスデン国立古典絵画館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなど、17世紀オランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点もあわせてご紹介します。

みどころ
●フェルメール《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館以外で世界初公開!
 隠されていたキューピッドの画中画が姿を現した本作を、所蔵館でのお披露目に次いで公開します。修復後の姿を公開するのは、所蔵館以外では世界初となります。
●修復プロジェクトの過程をご紹介
上塗りされた絵具層を慎重に取り除き、徐々に姿を現していくキューピッド。その修復の過程を、映像等でご紹介します。
●ドレスデン国立古典絵画館が誇る17世紀オランダ絵画コレクションフェルメールだけでなく、レンブラント、メツー、ファン・ライスダールといった17世紀オランダを代表する画家たちの名品約70点を展示します。

ヨハネス・フェルメール《窓辺で手紙を読む女》(修復後)

1657-59年頃 ドレスデン国立古典絵画館
© Gemäldegalerie Alte Meister, StaatlicheKunstsammlungen Dresden, Photo by Wolfgang Kreische

「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」
公式サイト:https://www.dresden-vermeer.jp/


※1:自社調べ。(2022年2月9日現在)
※2:MA-Tシステム®はアート作品そのものに吹きかけるものではありません。
※3:Matching Transformation System®の略称で、要時生成型亜塩素酸イオンを用いた革新的酸化制御技術のことです。
※4:ラジカルは、酸化力が非常に高い状態のこと。
※5:99.9%以上除菌します。すべてのウイルス・菌を除去するわけではありません。
  1. プレスリリース >
  2. アース製薬株式会社 >
  3. 「フェルメールと17世紀のオランダ絵画展」(2/10~)より、アース製薬が“美術展巡回 除菌サポートプロジェクト”を発足。世界一級のアート作品の鑑賞と輸送のサポートをMA-Tシステム®で包括支援