エリエールアテントが『排泄ケア支援アプリ』で情報提供

エリエールアテントブランドの大王製紙株式会社(住所:東京都千代田区富士見二丁目10番2号、以下大王製紙)は、地域包括ケアシステムの推進による社会環境の変化に速やかに対応し、在宅介護者の排泄ケア情報不足を解消するため、株式会社日本エンブレース(住所:東京都港区北青山一丁目3番2号、以下日本エンブレース)が2013年に開発した医療介護専用の多職種連携SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である「メディカルケアステーション(Medical Care Station)」と連携し、『排泄ケア支援アプリ』の提供を行います。

《排泄ケア支援アプリの概要》
本サービスは、日本エンブレースにより医療介護従事者専用に開発された、完全非公開型SNSの「メディカルケアステーション」に病院・施設で大人用紙おむつシェアがトップクラスの大王製紙が、病院・施設で行われている排泄ケアの情報や商品選択・使い方ガイド機能を持つオリジナルアプリを提供し、在宅介護者も質の高い排泄ケアを実施できる仕組みを提供します。詳細は平成30年3月14日(水)に実施する「地域包括ケア医介連携研究会」で発表します。 

《提供時期》
平成30年4月21日(土)よりパイロット運用開始予定。
平成30年10月21日(日)より全国運用開始予定。 

大王製紙は情報が必要なときにSNSで瞬時に得られる『排泄ケア支援アプリ』を提供することで、在宅介護者、医療介護関係者を支援し、地域包括ケアシステムの活性化を図り、排泄ケアの質を高めよりよい介護の実現に取り組んでまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大王製紙株式会社 >
  3. エリエールアテントが『排泄ケア支援アプリ』で情報提供