ABCマートの海外仕入・卸売業務を支える基幹システムをクラウド上に全面移行

~IT基盤コストの約30%圧縮とシステム品質の強化を同時に実現~

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:東 裕二、以下フューチャーアーキテクト)は、株式会社エービーシー・マート(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口 実、以下ABCマート)の海外仕入・卸売業務を支える基幹システムを2017年6月末にAmazon Web Services(以下AWS)*1上に全面移行したことをお知らせいたします。

国内939店舗、海外237店舗(2017年5月末時点)を展開するABCマートは、国内1,200店舗を目指し年間に約60店舗を出店し続けています。さらに、消費者を中心としたIT革新の流れを踏まえたオムニチャネル戦略の強化やさらなる需要創出のための新業態事業に挑戦しています。また、こうしたビジネスの急成長や環境変化にコンパクトなIT基盤でスピーディに対応するため、クラウドサービスを効果的に活用しています。

フューチャーアーキテクトは、国内の店舗・小売業務を支える基幹システム「ABC-Mart Retail System(以下ARS)*2」を既に2014年11月末にAWS上に移行しています。今回の海外仕入・卸売業務を支える基幹システムの移行をもって、ABCマートの国内ビジネスを担う全基幹システムのクラウド化を完了させ、高品質で変化への強い対応力を備えたIT基盤を構築しました。

本プロジェクトでは、クラウド化の対象システムのみならずABCマートのITインフラ全体を最適化したことで、IT基盤コストの約30%圧縮とシステム品質の強化を同時に実現しました。さらに、複数のシステム開発ベンダーを統括しシステム構成も統一したことで、運用をシンプルにしています。
フューチャーアーキテクトは、ABCマートのIT全般の戦略パートナー*3として、ABCマートの成長をより一層加速させるべく尽力していきます。

*1 Amazon.com により提供される各種遠隔コンピューティングサービスの1つです。柔軟かつ低コストなITリソースをインターネットを通じてオンデマンドで提供しています。


*2 ARSは、2010年10月にABCマートとフューチャーアーキテクトが独自に開発しました。

*3 両社は2017年3月に、IT全般のパフォーマンスと経営への貢献を最大化し、競争優位を高める次世代システムの企画、設計、構築、運営で協力する戦略パートナーとして提携することに合意しました。

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者: 代表取締役会長 金丸 恭文、代表取締役社長 東 裕二
設立 : 2016年4月1日
事業内容: ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供
URL  : http://www.future.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャー株式会社 >
  3. ABCマートの海外仕入・卸売業務を支える基幹システムをクラウド上に全面移行