2019年4月1日(月)からCBCテレビの午後帯が“大変革”!!月曜~金曜 午後3:49-7:00の新番組『チャント!』がスタート

 

2019年4月1日(月)から、CBCテレビの午後帯が“大変革”!!
この日から、月曜~金曜 午後3:49-7:00の新番組『チャント!』がスタート。
午後1:55から放送中の「ゴゴスマ ~GOGO!Smile!~」と合わせると、在名局では初の“名古屋発5時間生放送枠”が誕生する。


新番組『チャント!』のタイトルは、森羅万象、コトの本質を“ちゃんと”わかりやすく伝えると同時に、地域への“応援歌(chant)”でありたい!という思いから決定。
これまで「イッポウ」で培ってきた「骨太の報道」をさらにパワーアップし、身近な生活情報から芸能まで話題の幅を広げ、さらにどこよりも詳しくお届けする天気情報など、地元・東海3県にとことん寄り添う、報道と情報の融合番組だ。

番組のメインMCはCBCアナウンサーの大石邦彦。2006年から「イッポウ」を担当し、以来13年間にわたってCBCテレビ 夕方の顔としてこのエリアのニュースを伝え続けてきたが、新番組『チャント!』では、大石アナの最大の持ち味である人の懐に飛び込んでいく能力をフルに発揮させ、地域の皆さんとの距離を縮めていく。
大石アナウンサーと一緒に番組を支えていくのは、“母親”としての顔も持つCBC夏目みな美アナウンサーたち。視聴者に近い目線でニュースや暮らしの情報を伝える。

番組では「家族がつながる話題」として、いま世の中で話題になっていること、こどもたちの間で流行っていることなどにいち早く反応し徹底調査するコーナーのほか、「地元とつながる話題」として、タレントリポーター陣が東海3県125市町村を隈なく巡り地元の良さを再発見したり、視聴者の悩みを一緒に解決するコーナーを予定している。

番組を放送する夕方4時頃から7時頃といえば、ゆったり過ごす人もいる一方で、夕食の支度を始める人、帰宅してくる家族の対応に追われる人などがいる慌ただしい時間帯。 
『チャント!』では、時間ごとに刻々と変わる、テレビの前の生活風景をイメージし、それぞれの視聴者の生活スタイルに合う情報をお届けしていく。
スタジオには、地元・愛知県出身で元SKE48の柴田阿弥がアシスタントとして毎週火・水曜日に登場する他、日替わりレギュラーゲストとして近藤サト(フリーアナウンサー)、北斗晶、野々村友紀子(構成作家)、光浦靖子(オアシズ)ら豪華な顔ぶれを起用。多彩なレギュラー陣のコメントを通して、難しいニュースはわかりやすく、柔らかい話題はより深く掘り下げてお伝えする。

なお、新番組『チャント!』のスタートにあたり、午後4時台に放送している時代劇の再放送枠は幕を閉じる。
1974年(昭和49年)から約45年という長きにわたり「水戸黄門」をはじめとする時代劇や現代ドラマの再放送をお届けしてきたが、より多くのエリア情報を、より速く伝えられるよう、この春 生放送化へと舵を切る。

この春の改編でCBCテレビの平日午後帯は午後1:55~の『ゴゴスマ』から『チャント!』の午後7:00まで“平日5時間生放送”という大型ワイドの編成になる。
総力を挙げてお届けするCBCテレビ制作の午後の番組にどうぞご期待ください。

■番組概要
『チャント!』月 - 金 午後3:49~7:00

MC / 大石邦彦(CBCアナウンサー)
夏目みな美(CBCアナウンサー)ほか
柴田阿弥(フリーアナウンサー・元SKE48:火・水出演予定)ほか
コメンテーター / 近藤サト(フリーアナウンサー)
        北斗晶
        野々村友紀子(構成作家)
        光浦靖子(オアシズ)
        犬山紙子
        村尾信尚
        龍崎孝 ほか
ロケリポーター / いとうあさこ、大久保佳代子、棚橋弘至(新日本プロレス)、横澤夏子、ガンバレルーヤ、副島淳、向井慧(パンサー)、相席スタート、平松賢人(BOYS AND MEN)など調整中
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CBCテレビ >
  3. 2019年4月1日(月)からCBCテレビの午後帯が“大変革”!!月曜~金曜 午後3:49-7:00の新番組『チャント!』がスタート