【SDGs読書プロジェクト】紀伊國屋書店とオトバンクが事業提携 大学図書館等へのオーディオブック提供を開始

聴く読書の販路拡大で、「読書と学びのバリアフリー」を推進

日本一のオーディオブック書籍ラインナップ数(※1)を配信する音声配信サービス「audiobook.jp」を運営する株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也、以下「オトバンク」)は、株式会社紀伊國屋書店と事業提携し、同社が提供する電子書籍配信サービス「KinoDen」を導入している全国約400個所の大学図書館、企業、公共図書館等を対象にオーディオブックの提供を開始いたします。
 


■オーディオブックとは
オーディオブックとは、ナレーターや声優が朗読した本などの音声をパソコンやスマートフォンで聞くことのできるサービスで、紙の本、電子書籍に次ぐ「第三の書籍」として広がりを見せています。
耳だけで読書を楽しめるため、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など、生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめるという特徴があり、点字書籍と並んで視覚障がいを持つ方々が本を楽しむツールとしても注目されています。

■「KinoDenを通したオーディオブックの提供の概要
オトバンクと紀伊國屋書店は、電子書籍配信サービス「KinoDen(https://kinoden.kinokuniya.co.jp/product/index.html)」を通し、同サービスを導入している全国約400個所の大学図書館、企業、公共図書館等機関を対象にオーディオブックの提供を開始いたします。

背景
コロナ禍を受けて、全国大学図書館や公共図書館への「KinoDen」の導入が増えているとともに、「KinoDen」へのオーディオブック搭載の要望も多くいただいており、オーディオブック導入に至りました。

紀伊國屋書店デジタル情報営業部部長 西田和之様のコメント
例えば公共図書館ではビジネス書や教養書がアプリでよく読まれており、こうしたユーザーの方々にはオーディオブックを気軽に楽しんでもらえるのではないかと考えています。今後の図書館やユーザーからの反応や知見を共有しながらオーディオブック、そして電子書籍の普及に貢献できればと思っています。

オトバンク代表取締役社長 久保田裕也のコメント
「耳で聴く本」の文化創造を目指して事業拡大してきましたが、今回新たに大学図書館等でもオーディオブックを提供できることとなり大変嬉しく思います。「聴く」という観点から、オーディオブックというメディアが少しでも学びや読書のバリアフリーに繋がれば幸いです。

SDGs読書プロジェクトとは
オトバンクでは、「SDGs読書プロジェクト」を掲げ、紙・電子に続く第三の書籍であるオーディオブックを通じて学びと読書の機会を提供する取り組みを行うとともに、障害者差別解消法および読書バリアフリー法(※2)の理念の実現を目指しています。

<これまでの取り組み>
・【SDGs読書プロジェクト】オトバンク、丸善雄松堂と連携し全国の大学図書館にオーディオブックを販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000219.000034798.html
・【SDGs読書プロジェクトを提唱】オトバンクが京セラコミュニケーションシステムと連携し「オーディオブック配信サービス」を台東区全公共図書館に利用拡大
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000178.000034798.html

本プロジェクトでは、提携パートナーも募集しておりますのでお気軽にご連絡ください。
お問い合わせはこちら:pr@otobank.co.jp

今後の展開
オトバンクは複数の自治体と提携し、公立図書館へのオーディオブックの提供を行っています(※3)。今回の大学図書館への提供も、弊社が目指している「オーディオブックがあたりまえにある世の中」の実現に向けた一歩とするとともに、今後も「読む」だけでなく「聴く」という本の楽しみ方を広めていくために、企業及び自治体との連携を加速させてまいります。

※1 日本マーケティングリサーチ機構2021年11月調べ。日本語オーディオブック書籍ラインナップ数調査
※2 正式名称「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律」 https://www.mext.go.jp/content/20210331-mxt_chisui02-000013684_02.pdf
※3 東京都台東区、文京区、八王子市、奈良県奈良市、愛知県日進市などhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000178.000034798.html

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)
株式会社オトバンクが運営する、日本一のオーディオブック書籍ラインナップ数を配信する音声配信サービスです。2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。 2021年に累計会員数が200万人を突破。
【サービス概要】
・サービス名称:「audiobook.jp」
・サイトURL:https://audiobook.jp/
・App Storeページ:https://app.audiobook.jp/ios
・Google Playページ:https://app.audiobook.jp/android
・料金体系:
聴き放題プランは、月額880円(税込)。入会から2週間は無料でご利用いただけます。個別購入は作品ごとの購入が可能。(※単行本書籍とおよそ同価格帯(1,200円~1,500円)での配信が中心。)
「audiobook.jp」聴き放題プラン詳細月額880円(税込)で対象作品が聴き放題のオーディオブックプランです。ビジネス書を中心に、小説、ラジオドラマ、ニュース、落語など幅広いジャンルの音声コンテンツを配信しています。初回2週間(14日間)は、無料でお試しも可能です。
詳細URL:https://audiobook.jp/user/membership/options/unlimited

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)
 

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大級の配信数を誇るオーディオブックカンパニーです。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大級のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」(http://sinkan.jp/)を中心とした書籍プロモーション事業も行っています。http://www.otobank.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オトバンク >
  3. 【SDGs読書プロジェクト】紀伊國屋書店とオトバンクが事業提携 大学図書館等へのオーディオブック提供を開始