BEAMS、地方自治体が中心となり地域の活性化を推進する「応援村」と連携を発表

新型コロナウイルスに対する「コロナと闘う応援村」も始動

株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:設楽洋)は、2020年5月18日(月)、地方自治体が中心となり、公民連携で地域の活性化を目指すプロジェクト「応援村」および「コロナと闘う応援村」と連携していくことを発表します。

「「応援村 OUEN-MURA」は2019年8月に発足したプロジェクトで、自治体や企業・団体の公民連携により、各種の社会課題への支援や対応、世界的なスポーツイベントにおける地域コミュニティの活性化を行うプラットフォームとなることを目的としています。今回発表する連携に基づく活動として、ビームスのデザイナー・吉田敦が「応援村」のロゴマークを制作しました。また、「応援村」の流れを汲み、新型コロナウイルス禍における地域活性化やコミュニティの再生を目的として新たに発足した「コロナと闘う応援村」のオフィシャルTシャツやポロシャツなどもプロデュースしています。

Happy Life Solution Companyをミッションに掲げるビームスでは、社会活動の一環として、地域の文化や産業のユニークな魅力にスポットライトを当て、新たな視点でその価値を見出す活動を続けています。また、2016年からは<BEAMS  JAPAN>レーベルにおいて、日本をキーワードに、魅力的なモノ・コト・ヒトを発信すべく、地方自治体やさまざまな企業と手を組み、商品開発やイベントなどを実施しています。これらの活動と、全国応援村実行委員会が目指すビジョンとの親和性と相互共感により、今回の連携に至りました。


■「応援村」ロゴマークの制作
「応援村」のシンボルとなるこのロゴマークは、ビームスのデザイナーによるデザイン(12作品)の中から下記審査員が審査を行い、決定したものです。応援(OUEN)を通して人々が団結して助け合い、太陽のように輝く未来へ進んでいく道を表現しているロゴマークです。また、日本全体が災害やさまざまな社会問題にも負けない強さを維持していくことを願って、日本を象徴する富士山のシルエットもモチーフにしています。プライマリーロゴに加えて、人がメガホンで応援をしているシルエットに見えるセカンダリーロゴも制作。「応援村」のさまざまな活動を結ぶロゴマークが完成しました。なお、審査の様子は5月16日(土)のBSフジ「小山薫堂 東京会議」で放映されました。また、5月23日(土)に再放送されます。

 

 

Primary LogoPrimary Logo

Secondary LogoSecondary Logo

ロゴマーク審査員(順不同・敬称略):

小山薫堂(放送作家)
松任谷正隆(音楽プロデューサー)
ハービー・山口(写真家)
小宮山雄飛(ホフディラン)
設楽洋(株式会社ビームス)
鈴木英敬(三重県知事)
大坪拓摩(日本デザイン)
樋渡啓祐(元佐賀県武雄市長)
※松任谷氏・ハービー氏・小宮山氏は、BSフジ「小山薫堂 東京会議」より)
※審査の様子:
5/16(土)23:00〜放送 https://www.bsfuji.tv/tokyokaigi/
再放送:5/23(土)23:00〜放送 https://www.bsfuji.tv/tokyokaigi/


■「コロナと闘う応援村」Tシャツ・ポロシャツのプロデュース

「コロナと闘う応援村」の活動をファッションの力でサポートすべく、オフィシャルTシャツとポロシャツ、またこれらにコーディネートできる手ぬぐいと留め具になる“てぬぐいりんぐ”を<BEAMS JAPAN>がプロデュースしました。2020年6月以降、全国応援村実行委員会事務局のユニフォームとなるほか、同事務局により、「応援村」参画自治体1県1区17市の職員へ販売されます。ユニフォームを通した「コロナと闘う応援村」の認知向上においては、ビームス同様に「応援村」と連携するFacebook Japan株式会社とも協働してまいります。

※1県1区17市:三重県、渋谷区、浜松市、福岡市、熊本市、山形市、南陽市、三条市、南砺市、金沢市、須坂市、大東市、下関市、東かがわ市、久留米市、古賀市、武雄市、別府市、石垣市
※Tシャツ、ポロシャツ等の仕様は変更される可能性があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビームス >
  3. BEAMS、地方自治体が中心となり地域の活性化を推進する「応援村」と連携を発表