山木康世(exふきのとう)ソニーミュージックより36年ぶりにソロ・アルバム発売!

セルフ・プロデュースによる全曲書下ろしニュー・アルバム、明日(12月18日)発売。

ふきのとう解散後も精力的にソロ活動を続けている山木康世。
全国津々浦々をギターを携えて回り、年間数十公演をこなしている。
そんな山木が書き溜めて来た数々の楽曲をセルフ・プロデュース、 セルフ・レコーディングで記録したネイキッドな作品集『黄昏のビール』が完成した。
このアルバムは、SONY MUSIC SHOPのオーダーメイドファクトリーにて10月中旬に予約を受け付け、約一週間で規定予約数に達成し、発売が決定した。
レコーディングは山木康世の個人スタジオで行われ、ドブロ・ギターを軸としたアコースティック・ギターサウンドが存分に堪能できる、ネイキッドなフォーク・アルバムに仕上がっており、近年のソロ活動をそのままパッケージングした内容になっている。
アルバム発売を記念してのコンサートが今週末、札幌にて行われる。(詳細は下記)
なお、ソニーミュージックからのソロ作品としては1982年の『泳いで行くにはあまりにも水の流れが速 すぎる』以来、36年ぶりにリリースとなる。

『黄昏のビール』山木康世


1 憂鬱で厄介な笑顔のサンタクロース
2 道祖神の唄
3 ロザリア (with 観月)
4 いったりきたり(Inst)
5 松浦武四郎
6 ウエイティングサークル
7 打ち水の唄
8 むりむりむりむり(Inst)
9 山登り
10 天人様
11 まわれまわれ(Inst)
12 ギターは僕の友達
13 黄昏のビール

プロデュース:山木康世
録音:山木康世、曽山良一(SOYAMA GUITAR STUDIO)
ミックス:古賀繁一(ハートボイススタジオ) 、内藤謙一
マスタリング:塩月博之(ソニー・ミュージックスタジオ)
A & R:内藤謙一(ソニー・ミュージックダイレクト)
マネージメント:小林しのぶ(山木倶楽部)
デザイナー:中野久美(2K FACTORY)
イラスト:山木康世
写真:JULIA LYNNE
全作詞・作曲・編曲:山木康世

■山木康世 Live Library 2018 北海道150年みらい事業参加
~憂鬱で厄介な笑顔のサンタクロース~新CD発売記念&忘年コンサート

2018年12月21日(金)
札幌市/ザ・ルーテルホール
札幌市中央区大通西6-3-1札幌ルーテルセンタービル内
011-251-1311
開場 18:00 開演 18:30
5400円(消費税込)
全席自由 整理番号付き
サポートミュージシャン=山木将平(G)、木村圭子(B)

問合せ=ミュージックファン
TEL.011-799-1000(平日 11:00〜18:00) http://musicfun.co.jp/
山木倶楽部 090-5316-9071


山木康世 プロフィール


1950年札幌市生まれ。
1974年、フォーク・デュオ「ふきのとう」のリー ダーとして音楽家生活をスタート。 同グループのシングル曲、ほぼ全てを作詞作曲。 28枚のシングル作品、14枚のオリジナル・アルバ ム、さらには数多くのライヴ盤やベスト盤を遺し 1992年に解散。 以降ソロ・アーティストとして2018年現在までに 18枚のアルバムをリリース。 生涯発表作品も400曲を軽く超え、音楽作家として 現在も精力的な活動を続けている。 ギター演奏にも定評がある

◆黄昏のビール スペシャルサイト
http://www.110107.com/tasogare-beer

◆山木康世オフィシャル・サイト【となりの電話】
http://www.yamaki-club.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・ミュージックダイレクト >
  3. 山木康世(exふきのとう)ソニーミュージックより36年ぶりにソロ・アルバム発売!