オリコン、新型コロナウイルスワクチン接種のための特別有給休暇を導入

 オリコン株式会社(代表取締役社長:小池 恒 本社:東京都港区)は、全従業員を対象とした、新型コロナウイルスワクチン接種時の特別有給制度を導入いたしました。

 弊社グループは、従業員に対する安全配慮、職場での感染リスク対策の観点から、新型コロナウイルスワクチン接種のための特別有給休暇制度を導入しましたので、お知らせいたします。
 

 本制度は、新型コロナウイルスワクチン接種を希望する従業員の接種日当日に対し、1回につき1日の特別有給休暇を付与するものです。2回のワクチン接種を想定し、最大2日の取得が可能となります。
 
【対象者】正社員、契約社員、アルバイト 
【実施内容】
・就業日にワクチンを接種する場合、接種当日に特別有給休暇を付与。
・特別有給休暇は、ワクチン接種の2回分、2日間を付与。
・半日単位での取得も可能。
 例)午前出社、午後接種のため半休、翌日午前まで経過観察のための半休取得。

 弊社グループは、引き続き新型コロナウイルスへの感染予防対策を積極的に取り組み、事業活動の継続に努めてまいります。

■「オリコン株式会社」公式サイトhttps://www.oricon.jp/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリコン株式会社 >
  3. オリコン、新型コロナウイルスワクチン接種のための特別有給休暇を導入