ヒドロゲルドレッシング市場「予測期間中に7.63%のCAGRで成長すると予想」ー世界の業界分析、傾向、市場規模、および予測2026年

SDKI Inc.は、2020―2026年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的としたヒドロゲルドレッシング市場の調査レポートを2021 年04月08日で発刊しました。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-104767

世界のヒドロゲルドレッシング市場は、2020ー2026年の予測期間中に7.63%のCAGRで成長すると予想されます。

市場の成長に貢献するいくつかの要因は、以下のとおりです:
  • 部分的および全層創傷の両方で使用するための用途が広く便利です。
  • 創傷閉鎖を強化し、再上皮化の速度を加速します。
世界的に、火傷は、年間推定18万人の死亡を占める障害の主要な原因の1つです。ヒドロゲルドレッシングには多くの特性があり、火傷の治癒を加速するのに最適です。ヒドロゲルドレッシングの主な利点の一つは、壊死組織の自己消化性創面切除を容易にする能力です。

市場セグメント
ヒドロゲルドレッシング市場は、製品別、エンドユーザー別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは以下のとおりです:
製品別
  • アモルファスヒドロゲル
  • 含浸ヒドロゲル
  • シートヒドロゲル
エンドユーザー別
  • 病院
  • 医師のオフィス
  • ASC
  • その他
地域概要
ヒドロゲルドレッシング市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、世界のヒドロゲルドレッシング市場で最大のシェアを保持しており、予測期間中に主要なシェアを占めると予測されています。この地域の成長は、適切な償還方針の利用可能性およびいくつかの主要な市場プレーヤーの強力な流通チャネルに起因すると推定されます。一方、アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国での医療インフラの増加により、最速のCAGRで成長すると予想されています。

市場の主要なキープレーヤー
ヒドロゲルドレッシング市場の主要なキープレーヤーには、3M Company、Medline Industries Inc.、Smith & Nephew Plc、Coloplast Group、Integra LifeScience Holdings Corporation、BSN Medical GmbH、ConvaTec, Inc.、B. Braun Melsungen AG、Cardinal Health、Celularity, Inc.などがあります。この調査には、ヒドロゲルドレッシング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/hydrogel-dressings-market/104767

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ヒドロゲルドレッシング市場「予測期間中に7.63%のCAGRで成長すると予想」ー世界の業界分析、傾向、市場規模、および予測2026年