クルーズ、日本初のソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」を運営する株式会社SCOUTERへの出資を決定

クルーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小渕 宏二)は、日本初のソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」を運営する株式会社SCOUTER(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中嶋 汰朗)への出資を決定しました。当社はこれまでも、東京のみならず全国でビジネスコンテストを開催し、そこから実際に子会社設立や役員陣によるメンタリング等の支援を行ってまいりましたが、今回もそのような日本の将来を担う若手起業家の輩出活動の一環として出資を決定しました。
■日本初のソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」について
「SCOUTER」(http://service.scouter.co.jp/)とは、審査を通過したスカウター(紹介者)が身の回りの転職希望者を企業に紹介することで、転職決定時に年収の5%を報酬として受け取ることができる、日本初のキャリア支援サービスです。スカウターは身近にいる転職希望者の相談者またはエージェントとして、最適な求人提案を行い、また企業へ推薦することで報酬を受け取れる日本初のサービスです。2016年3月31日にサービスを開始し、申込者は1,000名、審査通過者は400名を超えました。さらにサービス内で公開される掲載求人数も累計1,500件を突破し、これに伴い入社決定数も増え続けてきています。

■出資の背景
昨年9月に当社が主催を務めた若手起業家輩出を目的としたビジネスコンテストに、現株式会社SCOUTER代表の中嶋 汰朗氏が一部企画運営として参画、その後、当社代表取締役社長や役員と経営や事業に関するアドバイスを含め、継続的にコミュニケーションを取りながら親交を深めてまいりました。その中で中嶋氏の事業にかける想い、事業の成長性や市場の発展性に可能性を感じ、この度の出資に至りました。
 

(当社代表取締役社長:小渕 宏二/左 株式会社SCOUTER代表取締役社長:中嶋 汰朗/右)

株式会社SOCUTER 代表取締役社長 中嶋汰朗
1992年生まれ。青山学院大学在学中の2013年11月に株式会社SCOUTERを設立。ソフトバンクグループの創業者、孫正義氏の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア外部生。新卒採用を中心とした採用支援や人材紹介を中心に事業を展開。2016年3月にSCOUTERを発表、IVS 2016 Launch Padではファイナリストに選出。

■今後の展開について
今後も日本の未来を担う若手起業家の輩出と、当社の新しい事業領域への挑戦を目的として、学生や20代の若手起業家を中心に積極的に支援、および投資活動を行ってまいります。
 

社 名   :株式会社SCOUTER(旧株式会社RENO)
所 在 地 :東京都渋谷区神山町3-3T'sGreen 3F
設 立   :2013年11月1日
事 業 内 容:日本初のソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」の運営
 

社 名   :クルーズ株式会社
所 在 地 :東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設 立   :2001年5月24日
資 本 金 :4億3,948万円
事 業 内 容:CROOZは、ソーシャルゲームやネット通販を中心に、世界中にインターネットサービスを提供するエンターテインメント企業です
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CROOZ >
  3. クルーズ、日本初のソーシャルヘッドハンティング「SCOUTER」を運営する株式会社SCOUTERへの出資を決定