プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

ウォンテッドリー株式会社
会社概要

自己理解を深め、強みを伸ばす診断ツール「Wantedly Assessment」にてスキル診断の結果をもとに、学ぶべき内容を提案する新機能が公開

Udemyと連携し、リスキリングやアップスキリング支援を強化

ウォンテッドリー

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社は、自己理解を深め、強みを伸ばす診断ツール「Wantedly Assessment(ウォンテッドリー アセスメント)」にて、スキル診断結果から明らかになった、学ぶべき内容の習得に役立つ学習コンテンツを提案する新機能を公開しました。今回、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小林 仁、以下:ベネッセ)が国内展開するオンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)と連携し、スキル診断の結果に即したUdemyの講座が提案されるようになりました。

診断と学習コンテンツを組み合わせ、リスキリングとアップスキリングを支援

Wantedly Assessment のスキル診断は、保有スキルを一覧表示するほか、同年代・同職種の働き手との比較により、自身の希少性や、不足しているスキルを可視化することで、働き手の43%が「分からない」と答える「身につけるべきスキル」を明らかにするものです。

今回、自分が持っていない主要スキルや、自分が持つ、強みになりうる希少なスキル、つまり学ぶべきスキルが診断により明らかになったその場で、そのスキル習得に役立つUdemyの講座が表示されるようになりました。これにより、診断を受けてから学びに進むまでのシームレスな体験が実現します。

診断は、何度でも受けることができ、すでに保有しているスキルを磨き上げる「アップスキリング」を行う際にも活用できます。また挑戦してみたい仕事があった際には、簡単な実力テストの代わりとして使用できるほか、未保有のスキルを身につけることで新たな職業や業務に就く「リスキリング」の道筋づくりとしてもご活用いただけます。

※本リリースでは「リスキリング」を「新しいことを学び、新たなスキルを身につけ実践し、そして新しい業務や職業に就くこと」と定義します。また「アップスキリング」を「従事している仕事に関して学び、スキルを高めること」と定義します。

本連携にあたってのコメント

ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO 仲 暁子

ウォンテッドリー株式会社 代表取締役CEO 仲 暁子

ウォンテッドリーは「究極の適材適所により、シゴトでココロオドルひとをふやす」というミッション実現のために、これまで共感を軸にした出会いの創出を強みとしてきました。そして、「共感」に加えて「スキル」面でのマッチを実現すべく「Wantedly Assessment」を昨年末にリリースしました。今回のUdemyとの連携で、身につけるべきスキルの可視化だけでなく、それを身につけるためのアクションを後押しすることができるようになりました。

株式会社ベネッセコーポレーション

社会人教育事業本部 本部長(Udemy日本事業責任者) 飯田 智紀

株式会社ベネッセコーポレーション社会人教育事業本部 本部長(Udemy日本事業責任者) 飯田 智紀

社会人の学びにおいて、「スキルの可視化」と「学び」をつなぎ、一人ひとりに合った支援を一気通貫で行うことは重要なテーマです。この度の連携により、Wantedlyにご登録されているエンジニアを中心とした個人のお客様に対し、スキルに紐づいた学びを提供できることを嬉しく思います。ベネッセはこれからも、社会人の学びを継続的に支援する環境づくりを推進してまいります。

4割以上が「どんなスキルを身につけるべきが分からない」と回答

当社が2023年10月23日〜10月30日に、Wantedlyユーザー1,458人を対象にして行った調査では以下のような回答が得られました。

・今後のキャリアを歩む上で「リスキリング」をしたほうが良いと思う、と93%が回答

・リスキリングについて「現在行っている」と44%が、「興味はあるが、 実際に行動できていない」と37%が回答

・「自分が現在持っているスキルが、どのようなキャリアに繋がるかわからない」と40%が回答

・「今後のキャリアを歩むうえで、どのようなスキルを身につけるべきかがわからない」と43%が回答

ウォンテッドリーについて

『究極の適材適所により、シゴトでココロオドルひとをふやす』。ウォンテッドリーは、あらゆる人がシゴトに没頭し成果を上げ、その結果成長を実感できるような、究極の適材適所を実現するビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。

2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数39,000社、個人ユーザー数380万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていきます。

<会社概要>

会社名     : ウォンテッドリー株式会社

URL         : https://www.wantedly.com

本社所在地  : 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F

代表取締役  : 仲 暁子                                     

設立     : 2010年9月

事業概要    :  

380万人以上が利用するビジネスSNS「Wantedly」

- 気軽に会社訪問ができる Wantedly Visit

- 出会いを記録し活躍を共有する Wantedly People

ビジネス向け

 - 採用マーケティング

 - エンゲージメントSuite

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

ウォンテッドリーのプレスキットを見る

会社概要

ウォンテッドリー株式会社

66フォロワー

RSS
URL
https://www.wantedly.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル 4F
電話番号
-
代表者名
仲暁子
上場
東証グロース
資本金
3424万円
設立
2010年09月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード