新アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』放送決定記念。「ダイニングカフェ ・イゼルローンフォートレス」オープン決定!お酒が楽しめる大人の為のダイニングカフェ 2018年春上野に登場

2018 年4 月よりTV 放送開始の新アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』の放送決定を記念して、ベネリック株式会社(社長:柴田郁夫、本社:東京都港区)は、2018 年春上野に公式テーマカフェとなる「DINING CAFE ISERLOHN FORTRESS(ダイニングカフェ ・イゼルローンフォートレス)」をオープンいたします。
 

「イゼルローンフォートレス」とは、「銀河英雄伝説」作中にて銀河帝国領と自由惑星同盟領を結ぶ「イゼルローン回廊」に存在する難攻不落の軍事拠点「イゼルローン要塞」のこと。
作中、帝国と同盟が幾度となく激突し、さまざまな攻防戦が行われたこの要塞の名称が冠された、ダイニングカフェでは、オープン時には石黒昇監督版アニメ関連の商品や展示を中心に展開し、4月の放送開始以降は「銀河英雄伝説 Die Neue These」関連の展開を充実させていく予定です。
また、さまざまなイベントも計画中です。
 
原作ファン、石黒昇監督版アニメファン、「銀河英雄伝説 Die Neue These」ファン、そして全ての『銀河英雄伝説』ファンが楽しめる、大人の為のダイニグカフェ「ダイニングカフェ ・イゼルローンフォートレス」にご期待ください。

■続報はHPにて随時お知らせいたします。
http://gineiden-iserlohn-fortress.com/

【作品情報】

 

2018年4月よりTV放送開始
『銀河英雄伝説  Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)』

「銀河英雄伝説」は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説です。
数々のヒット作を生み出した人気作家、田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録。今なお増刷が続いています。1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームと魅力的な声優陣で展開され、さらに多くのファンを獲得。30年近く経った現在でも根強い人気を誇っています。

そして、このたび数々の話題作を手がけたProduction I.Gが、原作小説『銀河英雄伝説』の第1巻「黎明篇」から、改めて新作アニメーションとして制作するプロジェクトが始動しました。
新アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」は、ファーストシーズン「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」が2018年4月よりテレビ放送開始が決定。引き続きセカンドシーズン「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」の2019年中のイベント上映も決定しました。

【運営会社について】
ベネリック株式会社 http://www.benelic.com

「スタジオジブリ作品」「ウルトラマン」「週刊少年ジャンプ」などの商品の企画・開発・製造・卸のほか、オフィシャルショップの企画運営も行う。
キャラクター飲食業態としては、オープン15年目となる「ムーミンカフェ」をはじめ、「ムーミンスタンド」などの企画運営のほか、話題の「怪獣酒場」の運営にも携わっている。




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベネリック株式会社 >
  3. 新アニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These』放送決定記念。「ダイニングカフェ ・イゼルローンフォートレス」オープン決定!お酒が楽しめる大人の為のダイニングカフェ 2018年春上野に登場