およそ1000人が参加!『逗子海岸東浜毎日ビーチクリーン』を開催しました!

【日時】2021年7月22日(木)~8月31日(火)18時30分から 【場所】逗子海岸東浜エリア

神奈川 守ろう! 私達の綺麗な海実行委員会は、逗子海岸東浜エリアで逗子ビーチクラブのみなさんと協力して逗子海岸東浜エリアで、毎夕18時30分からビーチクリーンを開催しました。
逗子ビーチクラブの軽トラックに「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」のバナーを掲出、毎夕逗子海岸を走行しました。参加希望者にはトングとごみ袋を貸し出してビーチクリーンに参加していただきました。今年で2年目となるこの活動、地元で浸透したのか親子連れの参加者や子供だけの参加者が増えてきました。
逗子ビーチクラブのリーダー真壁克昌氏には、子供たちにごみはどこから来るのかを説明しながらビーチクリーンの指揮を執っていただきました。子供たちがビーチクリーンをしている姿は海岸にごみを捨てさせない抑止力にもなり、また手軽にビーチクリーンに参加できるきっかけにもなりました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催したもので、逗子海岸のビーチクリーンで活躍した軽トラックには「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」とバナーの掲出と「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」のごみ袋とトングの提供も行いました。

イベント概要
・開催概要    『逗子海岸東浜毎日ビーチクリーン』
・日程    2021年7月22日(木)から8月31日(火)  18時30分から
・開催場所  逗子海岸東浜エリア
・参加人数  1000名

軽トラック「海ごみゼロ」号 大活躍!
今年も逗子海岸では軽トラック「海ごみゼロ」号が大活躍。夕方に逗子海岸に登場し、ごみ袋とトングの貸出をし、ビーチクリーンをする方々を先導するように海岸をゆっくり走行。最後は集まったごみを積載して、ごみステーションに運んでくれました。
夏の逗子海岸ではお馴染みになった軽トラック「海ごみゼロ」号でした。

8月31日(火)最終日は参加してくれた子供たちにメダルと感謝状の授与を行いました。
今年の夏休みは親子連れの参加者が多く見受けられました。また子供だけの参加も多いと感じた夏でした。
ビーチクラブのリーダー真壁克昌氏より子供たちを代表して2名の子供たちに特製のメダルと感謝状を授与いたしました。


団体概要
団体名称:神奈川 守ろう!私達の綺麗な海実行委員会(湘南ビーチFM内)
本社所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー10F
電話番号:045-224-1000
代表理事:土田眞一郎
設立:2019年11月1日
URL:https://kanagawa-mamorou.uminohi.jp/
活動内容:海ごみゼロウィークを中心とした清掃活動、他事業や自治体との連携イベントなど。

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 海と日本プロジェクト広報事務局 >
  3. およそ1000人が参加!『逗子海岸東浜毎日ビーチクリーン』を開催しました!