留学生と日本人学生の協働によるステージ 第52回千葉大学ユニバーサルフェスティバルを開催

1995年に始められた留学生の文化紹介イベントです。

世界50カ国以上、約800名の留学生が学ぶ千葉大学では、年間を通じてさまざまな国際交流事業が実施されています。毎年6月と12月に開催される「ユニバーサルフェスティバル」は、世界の国々の文化や社会を紹介するイベントです。留学生が日本人学生と協力して発表を行います。発表の終了後には、各国の料理も振る舞われます。
  •  イベント日時・概要

 

これまでの様子これまでの様子

日時:2017年12月14日(木)
   18:00~19:45(17:30開場)
場所:千葉大学けやき会館
  (千葉大学西千葉キャンパス正門入って左すぐ)

内容:
18:00~ 開会式
18:15~ ステージ発表
 ◎留学生が「私だけが知っている母国」を紹介
 イタリア、韓国、中国、マダガスカル
19:00~ 交流会

 ◎各国の伝統料理やよく食べている軽食を提供


※参加無料・事前予約不要
主催:千葉大学 国際教育センター
企画・運営:CISG(千葉大学国際学生会)
協賛:千葉ユネスコ協会
協力:千葉大学ノートテイク会
後援:千葉市/千葉市教育委員会
 
  • ユニバーサル・フェスティバルとは


 1995年に始まった「ユニバーサル・フェスティバル(Universal Festival)」は、千葉大学に在籍する留学生による文化紹介を行うイベントです。海外から来た留学生とCISG(千葉大学国際学生会)が協力してイベントを企画運営し、毎年6月・12月の年2回開催しています。

 文化発表を行う留学生は、多種多様なスタイルで自国の文化を紹介します。例えば、ダンス、歌、スライドショー、ムービー、民族衣装など、教科書では学ぶことのできない外国の文化に触れられることから、毎回、学内・地域から200名ほどの参加者が訪れる人気のイベントです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 留学生と日本人学生の協働によるステージ 第52回千葉大学ユニバーサルフェスティバルを開催